白浮きしない?ZIGEN(ジゲン)メンズ日焼け止めでモテ肌に!

白浮きしない?ZIGEN(ジゲン)メンズ日焼け止めでモテ肌に!

日焼け止めの白浮きに注意

この記事を見ている方は夏本番を前に「日焼けをしたくない」と考えている男性の方がほとんどだと思います。

そんな焼きたくない男性の方が日焼け止めを選ぶ際に気を付けたいポイントの1つに白浮きしにくい商品を選ぶ必要があります。

これは女性用の日焼け止めにも言える事ですが適当に選べば白浮きが酷くて後悔する事になるかもしれません。

白浮きとは

そもそも白浮きとはファンデーションなどが時間の経過などで白く浮いた感じになり首などの肌の色と合わずに不自然に見える状態の事です。

白浮きの原因として肌の状態や時間経過、安価で質の低い商品を使っているなど様々ありますが夏場は使用している日焼け止めが白浮きしないかも気を付ける必要があります

ファンデーションは男性にはあまり関係無いかもしれませんが日焼け止めを使いたい男性向けに、白浮きしにくい商品ZIGEN(ジゲン)を紹介します。

男性用ZIGEN(ジゲン)日焼け止めの成分

この記事で紹介するZIGENですが以前にもZIGEN日焼け止めに関して記事にしていますのでそちらも合わせて読んでみて下さい。

男性用日焼け止めZIGEN(ジゲン)の口コミは?

ここでは更に白浮きという点にフォーカスを当てて紹介して行きます。ZIGEN日焼け止めは男性の肌質に合わせて作られており、テカリやベタつきに強く、白浮きしないというのをウリにしています。

もちろん全くテカらない!ベタつかない!白浮きしない!という訳では無いので過信はしないようにしょう。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

白浮きしにくいのがポイントのジゲンの日焼け止めですが白浮きしにくい性質として成分に注目しました。

白浮きしやすい日焼け止めに入っている成分に紫外線散乱剤というモノがあります。同じように紫外線から肌を守るモノに紫外線吸収剤もありますが白浮きしやすいのは紫外線散乱剤です。

ZIGENの公式ページを見ると紫外線吸収剤不使用となっています。という事は白浮きしやすい紫外線散乱剤を使ってるの?と思いますよね。

しかし白浮きしやすいとされる紫外線散乱剤はアミノ酸でコーティングする事で白浮きを防ぐ事ができるそうです。

実際ZIGENの作り方を見た訳では無いので断言は出来ませんが公式サイトで「ジゲンはアミノ酸で処理した成分を使う事で白浮きしない付け心地」という旨の説明があったので白浮きしないアミノ酸処理をしているようです。

塗り方

ZIGENを始め日焼け止めの白浮きを防ぐには塗り方も大事になってきます。あまり厚塗りすると良くないので基本はこまめに薄く塗り直すようにします。

ジゲンUVクリームジェルは付け心地を軽くする為に油分が少ない製品になっています。その為手でしっかりと伸ばしながら塗る事がポイントとなります。

直接塗るとボロボロとカスのようになる事もあるので気を付けて下さい!

ZIGEN日焼け止めの購入方法

白浮きしにくいメンズ日焼け止めとしてZIGENを紹介してきましたが購入場所は公式サイトからとなります。

オールインワンジェルや洗顔とのセットでの購入でお得になりますし日焼け止めだけでいいという方は単品での購入もできるので検討してみて下さい。

男性が日焼け止めで白浮きしていると気付いた女性も指摘し辛いと思いますし自分から対策する事が重要かと思います。

UVケアをしっかりして2018年の夏を楽しんで行きましょう!