ニューストレンド

【YouTube】悪口、炎上系の動画に広告制限!

投稿日:

YouTubeで広告停止される動画、ジャンル追加

YouTuberの命綱と言える広告収入。

その広告が制限されてしまう動画(ジャンル)が新たに追加されたそうです。

どんどん規制が入っていくYouTube。

「好きな事で生きていく」のも、クリーンな動画が前提となって来ています。

2019年6月に更新された、広告制限の対象になる動画コンテンツについて書いていきます。

不適切な表現(冒とく的、下品)

YouTubeが新たに「広告を外すよ〜。制限するよ〜」と言い出したのが冒とく的だったり下品な表現が含まれる動画。

・タイトルまたはサムネイル画像に冒とく的な表現が含まれている


・非常に冒とく的な表現が差別的または中傷的な方法で繰り返し使用されている

・動画の冒頭で非常に冒とく的な表現が使用されている

・コメディー、ドキュメンタリー、ニュース、教育を目的とする動画全体で、自主規制音で消されている場合を含めて、極めて冒とく的な表現が何度も使用されている

YouTube 広告掲載に適したコンテンツのガイドライン

下3つに関しては「非常に」「極めて」と強調されていますし、「不敬な表現をたまに使うぐらいでは対象にならない」とも書かれていました。

でもYouTuber側からすればリスクを避ける為に、そういった動画、表現は避ける流れになりそうですね。

炎上目的、侮辱的

SNSなどでも一気に知名度をあげる事ができる「炎上商法」。

これも故意に炎上するように仕向けた動画は広告停止の対象になるそうです。

同時に侮辱的な表現も対象。

なるほど、人の悪口言ってわざと炎上させるなって事みたいですね。

結構YouTubeでも散見されている印象を受けますが、ああいった動画からどんどん広告が剥がされていくわけか。

他にも以前からあったアダルトな表現やドラッグに関する事などももちろん規制対象です。

物申す系YouTuberシバターさんが嘆く

今回のYouTubeの広告に関する規約追加に関して、チャンネル登録者数100万人を超える「シバター」さんが動画を公開しています。

いわゆる「物申す系YouTuber」で、歯に衣着せぬ発言が人気のシバターさん。

しかし、今回の広告制限に関して今後の動画の傾向がどうなっていくのか注目です。

表現が制限されていくYouTube

動画投稿自体はできるけど、広告が付かないという致命的な規制が追加されたこの動き。

過度な炎上目的や冒とくする動画は、広告が剥がされても自業自得としか言えませんが、広告が外れる事を恐れて皆が皆クリーンな動画ばかりになってしまうのも味気なくてつまらないなぁと個人的に感じました。

当サイトで以前紹介したYouTubeゲーム実況界隈で広告の非収益化処分が相次いでいたというニュースを見ても感じましたが、規制が厳しくなっていきますね。

これに関してはコピーコンテンツだったり、機械音声が影響していたそうで、場合によっては広告の復活も可能。

影響を受けやすい子供達が多く見ている事だったり、広告主のメリットなどを考えると運営していく上で、健全思考になるのは当然なのかもしれないですけどね。

果たして次はどんな動画、ジャンルが規制されていく事になるのか・・・。

-ニューストレンド
-

Copyright© トレニスター , 2019 All Rights Reserved.