山口真帆が暴行騒動を謝罪。なぜ被害者が謝る流れになるのか。

山口真帆が暴行騒動を謝罪。なぜ被害者が謝る流れになるのか。

山口真帆が暴行騒動について謝罪

2019年早々人気アイドルグループに走った衝撃の事件、NGT48山口真帆の被害に遭った暴行事件。1月8日に山口真帆自身が暴行被害に遭った事をSHOWROOM、Twitterで告発し大騒動に発展しました。

既に山口真帆に暴行をした男2人は警察に逮捕されており、不起訴処分で保釈されている胸糞な事件です。この事件の大きなポイントは犯人の男2人がNGTメンバーから山口真帆を襲うように伝えられていたとされている事。

そんなドラマやアニメにありそうな事件が実際に起きてしまっていたという事に驚きを隠せません。しかしNGT運営側は他メンバーの関与を否定、更に1月10日の公演で何故か被害者の山口真帆が騒動を謝罪するという流れになりました。

山口真帆は襲われた側なのに何故謝罪しているのか。私はこのニュースを見て「?」となりました。被害者が謝らなくてはいけない理由があったのか。実際に逮捕者がいる事実の事件をSNSで告発し、謝らなければいけなくなる事に疑問を感じました。そして何より山口真帆がかわいそう。

1月10日の公演で山口真帆が話した謝罪は以下の通りです。

「ありがとうございます。このたびはお騒がせしてしまって、誠に申し訳ありません。先日もお伝えした通り、私にも思うものがあったから、このような形で伝えることになってしまったこと、お世話になっている方にもご迷惑かけることになってしまって、申し訳なく思っています。AKSの方とも話し合えて、これがきっかけとなって、またNGT48が新しい方向に向かえるように、私もチームGの副キャプテンとして、努力したいと思います。(震える声)引き続きNGT48の応援をよろしくお願いします」

お騒がせさせたのは関与したメンバーであり犯人の男2人なのに山口真帆が謝罪しなければならない理由が分かりませんでした。

運営に「謝罪」するように言われたのか、山口真帆本人の意思で言ったのか不明ですが本当にヒドイ事件だと思いました。

そして山口真帆の謝罪後、運営が急に「メンバーが情報を漏洩した」と証言を始めています。当初は犯人にバスを追いかけられたなどという理由を言っていましたが急に関与を認めだした真意とは。やはり隠蔽しようとしたが隠しきれない事に気が付いたオチでしょうか。

この犯人に関与したメンバーは「道で声を掛けられ、帰宅時間を推測できるような事を教えてしまった」としているそうです。アイドル活動している女の子が知らない男にメンバーの情報を道端で聞かれて教えるとか・・・。言い訳が苦しすぎると思います。

まだまだ続報が出てくると思いますが今はとにかく山口真帆のケアを最優先に真実を報道して欲しいと願うばかりです。