ワールドカップ2018日本VSコロンビアは2-1で勝利

ワールドカップ2018日本VSコロンビアは2-1で勝利

日本、初戦コロンビアと激突

サッカー好き、野球好きバスケ好きみんな楽しみにしていた2018ロシアワールドカップ。日本だけではなく好きなスター選手がいる国を応援している人も多いと思います。

そんなロシアW杯に出場した日本代表が6月19日、グループH初戦となるコロンビア戦に臨みました!



スポンサーリンク

前半

前半6分香川のゴールで日本先制

試合はすぐ動きます。日本は先発していた香川のシュートがペナルティーエリア内のコロンビアディフェンダーの手に当たりPKを獲得。ハンドしたCサンチェスはレッドカードで一発退場に。

このPKを香川が決めて1-0と日本が先制します。故意ではなかったのでしょうがコロンビアにとっては不運、日本にとってはラッキーな展開となりました。

コロンビア選手が退場したので11人VS10人と日本はコロンビアよりも1人多い状況の有利なゲームとなりました。



スポンサーリンク

前半39分コロンビアのFKが決まり同点

早々に先制した日本ですがその後は決定的なチャンスもなくコロンビアに攻め込まれながらも日本リードもまま進んでいました。しかし前半36分にDF吉田がペナルティーエリア付近でファールを取られます。

キッカーはフアン キンテーロで壁を作っていた日本選手がインパクトの瞬間にジャンプし、その下を抜ける強いゴロのボールがゴール右隅に決まり同点となりました。

ただ吉田のファールの判定もやや厳しく個人的には流すレベルに見えましたが仕方ないですね。

同点となりそのまま前半を終了します。

https://youtu.be/2VOfJokBjdA

後半

リードしたまま折り返したかった日本ですがコロンビアに同点とされてしまって後半を迎えます。

後半は日本の流れが多かった印象が強いです。数的有利な事もあり日本がボールキープする時間が増え、徐々にゴールの気配が出てきていました。

後半28分大迫のゴールで勝ち越し

積極的に攻撃を繰り返した日本はコーナーキックを獲得し香川に代わって入った本田がボールを蹴ります。

そのボールに大迫がヘディングで合わせて日本が追加点を獲得しました。これで日本は2-1と勝ち越しに成功し、終盤危ないシーンがありながらもそのままリードを守りきり初戦のコロンビア戦を勝利で飾りました。



スポンサーリンク

貴重な勝利で勝ち点3獲得

日本は前予想で不利と予想されていましたがその予想を跳ね除けてコロンビアから勝ち点3を奪い取りました。

やはり早い段階で退場者が出た事によってコロンビアのリズムを崩す事に成功した事が勝利の大きな要因だったのではないでしょうか。

直前までの強化試合では課題が多く残り、ネット上でも日本代表に対して厳しい声が散見されていましたがなんとか初戦をいい形で終える事が出来て嬉しいです。

勢いこのままになんとかグループHを勝ち抜き、決勝トーナメントに進めるように応援しています!