モニターヘッドフォン“SONY MDR-CD900ST”のススメ。

NO IMAGE

ヘッドフォンをSONY MDR-CD900STに変えた

こんにちは!最近ヘッドフォンをSONYのMDR-CD900STに変えたのですが評判通りの素晴らしいヘッドフォンでした。
音楽好きな人や楽器をやっている人には知らない人はいないんじゃ無いかというくらい日本では標準のヘッドフォンです。CD屋さんの視聴コーナーに備えてあるお店もあると思います。

私はこれまでリスニング用とDTMのモニター用としてベリンガーの6000円程のヘッドフォンを使用していました。音質は素晴らしく低音が強い印象なので迫力ある音を楽しめていたのですが、ヘッドフォンが重くてストレスだったのと私の頭が大きいからなのか締め付けが強く長時間使用すると頭が痛くなっていました。

さらにイヤーパッドもやや薄め(?)だからか耳も痛くなり作業効率が悪いなーと思っていました。音が良いだけに惜しかったんですけどね。そこで遂にMDR-CD900STを購入する事を決意しました。「DTMやるなら最初から買っとけよ」って声が聞こえて来そうで怖いです(笑)

装着感が素晴らしい

通販でポチってすぐに到着。黒の本体に赤のラインが目を惹きます。まさにシンプルisベストなルックスをしています。そして箱を持って感じた事が「軽っ!」って事でした。スタジオなんかで何回か使っていたのですが普段使っていたヘッドフォンに慣れていたのでMDR-CD900STの軽さにまず驚かされました。

そして早速着けてみると、ストレスの無い装着感が私の頭と耳を包むのです!素晴らしいの一言に尽きます!コードもストレートで邪魔にならず本体もスタイリッシュ。
やはりヘッドフォンしながら楽器を演奏するならカールコードよりストレートの方が絶対に良いと個人的には思います。カールコードがまた重さの原因になっていたんだろうなぁ。
その後MDR-CD900STを1時間程使ってみたのですが多少の耳の痛さは出て来ましたが気にならないレベルで装着感のストレスは皆無と言っていい程でした。

音質

続いて一番大事な音質。通販サイトのレビューを見ると「クセが無い音」「低音に物足りなさを感じる」という声をよく見ますが確かに納得でした。これまで使っていたヘッドフォンの方が低音は出ていてEDMなどを聴くには最高でした。ただバンドを聴くとなると低音が強すぎる印象。

対してMDR-CD900STはバンドの各楽器のアンサンブルを聴き取るという意味では各楽器の音がフラットに聴こえ、高い音の解像度を実感しました。好きな曲の耳コピやオリジナル曲のミックスをするには断然こちらがいいです。
低音が強いヘッドフォンやスピーカーを使っていると好みの音を作っても違うイヤホンを使うとビックリするくらい音が軽かったりします。その点やはり高音から低音までフラットなヘッドフォンでミックスをするのは基本ですね。

楽器初心者の方にオススメ

これから楽器を始める方にはMDR-CD900STはオススメです。1万円を超える価格が安いと感じるか高いと感じるかは個人差があると思いますが私が思うのは「最初はそこそこの物を買った方がいい」という事です。

「上手くなったら良いのを買おう」と思って最初はとにかく安さを求めがちですが結局後から買うなら最初からお金を出した方が良いです(笑)私も安さばかり求めていた時期がありましたがいざ“そこそこの物”を買い揃えると最初に買った安い物がいかに無駄な出費だったかが分かります。

もちろん安くても素晴らしい物、高い割にイマイチな物もありますけどね。

個人的に買って大満足だったSONYのヘッドフォンMDR-CD900STですが、一つ注意点があって購入する店舗によって違いはあると思いますが私が買った店舗では「初期不良以外は対応できない」という事でした。
少し使ってから不具合が出ても保証はできませんという事らしくアフターサービスは少し不安が残ります。

ただMDR-CD900STは別売りのアクセサリーも豊富なのでイヤーパッドの交換などは手軽にできるメリットがあります。かなりオススメです!