格安レンタルWIFIを徹底比較!最安料金1日360円〜

格安レンタルWIFIを徹底比較!最安料金1日360円〜

レンタルWiFiで出先でも安心

痺れるような暑さが続いてすでにバテバテの人も多いかと思いますが7月も下旬になり、ようやくお盆休みの匂いがしてきましたね!

旅行や実家への帰省の予定を立てている方も多いと思いますが出先でのネット回線は確保できていますか?

「実家はWiFiが飛んでいない」という方も多いと思いますがそんな方はレンタルできるポケットWiFiを検討されてはいかがでしょう。

私もポケットWi-Fiは以前契約して使っていたのですが本当に便利ですよね!ただ自宅で固定回線を繋いでいる方にとっては2年契約って正直微妙・・・。

ただ外出先で「スマホのギガ容量プランでも良いけど動画もいっぱい観たいし。」なんて人も多いはず。

やっぱり出先で数日間だけとかピンポイントでポケットWI-FI使いたいってシーンが多いんですよ!そんな私と同じ境遇の方はこの記事を参考にしてみて下さい。

この記事では国内レンタルWiFiで安値で借りる事ができるWiFiレンタル本舗から紹介します!

最安1日360円からレンタル可能

2年縛りに影響されないレンタルWi-FiですがYmobileは1日360円でポケットWiFiの端末をレンタルして使う事ができます。

1日360円と聞くと「安っ!」って思いますよね。確かに月額を2年間払い続ける事に比べるとやはり使用期間が決まっているならレンタルしてしまった方が割安です。

更に月単位でのレンタルも可能で様々な借り方があるので掘り下げて解説していきますね。レンタルWi-Fiと一口で言っても各社で速度やエリア通信制限も変わってくるので自分のスタイルに合ったポケットWi-Fiを選びましょう!

では各社の特徴を説明していきます!

Ymobile(ワイモバイル)

まずはYmobileのレンタルポケットWiFiのデータから紹介します。

YmobileのレンタルWIFIルーターはこの後に紹介する2機種と比べると1日辺りの料金が360円と最安でレンタルできます。

ただ安さにはもちろん理由があり、通信容量が月間5GBとかなり少ないという弱点があります。

月間5GBだと動画を観たりするとすぐに使ってしまうのでYmobileはあくまで「数日間だけレンタルしたい」という方向けです。

1ヶ月のレンタル料金は2160円ですが5GBの制限があると考えると微妙ですね。

UQ WiMAX(ワイマックス)

続きましてポケットWIFIといえばコレ!という印象を持っている人も多いWiMAXです!

私も以前はWiMAXのポケットWIFIを使っていました。WiMAXの料金などは下をご覧ください!

WiMAXのレンタルWiFiの特徴としてデータ通信容量を気にしなくて良いという点があります。

これは動画を観たりしたい人には嬉しいポイントだと思います。1日辺りの料金は430円とYmobileに比べると高くなりますが通信容量という点を考えると安い誤差かもしれません。

注意点としては通信エリアでしょう。地域や建物の密集度によってはかなりネット回線が不安定だったりするので公式サイトでサービスエリアを確認してからレンタルするようにした方がいいです。

WiMAXは1ヶ月レンタルで月額6450円となっています。もちろん2年契約よりは高くなりますが引越しのネット引き継ぎの間や出張などで使いたい人にはオススメです。

SoftBank(ソフトバンク)

最後はソフトバンクです。レンタルWiFiとしてかなり人気の機種となっているようです。

SoftBankのレンタルWiFiの人気の秘訣はサービスエリアの広さでしょう。

WiMAXはエリアによってはストレスの溜まるネット環境ですがソフトバンクはその点強いです。WiMAX同様に通信エリアを確認した上でレンタルしていると良いと思います。

通信容量も月間30GB〜となっているのである程度のネット使用なら問題ないかと思います。こちらも自分のスタイルに合った機種をレンタルするようにしましょう。

1ヶ月でレンタルした際の月額はWiMAXと同じく6450円です。3社共通ですが長く契約すればするほどお得な料金になっています。

引越しシーズンなどは固定回線の工事まで結構な時間がかかる事もありますし、そんな方にとってレンタルのポケットWiFiは画期的なサービスです!

期間、場所、容量で選ぼう

レンタルWiFi3社を紹介しましたがレンタルする期間や使いたい場所、どのくらい使用するかで選択が大きく変わってきます。

速度的にはWiMAXかソフトバンクですがYmobileの安さも魅力的ですね!

個人的にはSoftBankが1番無難かなとは思いますがよく考えて選んで下さい。

WiFiレンタルの流れ

1日辺り安くレンタルできるレンタルWiFIですが借りてから返す流れもとても簡単です。

WiFiレンタル本舗ではネットで申し込みをして返還はポスト投函で出来てしまうという手軽さが魅力です。

返す為に配達業者に頼んだりするような手間が無いというのは大きなポイントです。

申し込みもネットで入力するだけですしホテルや空港へ届けるサービスもあるので様々なシーンで活躍する事でしょう。

ちなみに往復送料が一律1080円掛かるのでその点は注意です。空港受け取りや沖縄、離島への配達も別途料金がありますのでお届け先に合わせて公式サイトと照らし合わせてみましょう。

直接受け取りも可

すぐに使いたいから直接受け取りに行きたいという方はWiFiレンタル本舗へ直接受け取りに行くという方法もあります。

受け取りの際は身分証が必要なので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。これからシェアが拡大していきそうなレンタルのポケットWiFiルーターですが現代のネット社会では救世主的な存在ですね!

今後もっと料金の安さなどに競争が掛かってくると我々ユーザーも使いやすくなりますね。

夏休み、お盆休み直前のこのタイミングで一度レンタルWiFiを検討してみて下さい!