ワンパンマン2期2話(14話)感想。地獄のフブキ登場!

ワンパンマン2期2話(14話)感想

2019年春アニメとして2期の放送が開始されたワンパンマン。先週の1話放送後のSNSの感想を見ると、作画に対して一部不満が出ているようですが、すみません、私は普通に1期2期どちらもめちゃくちゃ凄いとしか思えませんでした(笑)

アニメーション制作の知識もクソも無いただのアニメ好きなので余程作画崩壊してるーとかじゃない限りは当サイトでは特に作画に関しては何も言わない(言えない)感じです。

ワンパンマンは2期でも1期からの続きという事で「13話」「14話」と放送されています。今週放送の2期2話は14話になりました。13話でS級7位のキングと面識を持つ流れになったサイタマとジェノス。全然戦えないのに噂だけでS級ヒーローになってしまったキング。

過去のサイタマに助けられた際のエピソードも描かれていました。髪あってボロボロで戦ってた時のサイタマかっこよすぎる!ワンパンマン14話では13話からの流れでヒーロー協会が集めた賞金首達荒くれ者の中にとんでもない強さの怪人が混ざっていて・・・。

ガロウ登場

ワンパンマン14話で重要キャラ感を出してきたガロウ。原作未読勢としては、ガロウが今後どこまで出てくるのか分かりませんが、例のヒーロー協会が集めた賞金首とA級ヒーローを瞬殺し、凄まじい強さを見せつけていました。

これは2期を通して重要なキャラになっていくという流れなのか?それとも早い段階でサイタマと戦って終わったりするのかな。その辺もアニメを見進めながら期待しています。

地獄のフブキ登場。えちち。

ワンパンマン14話でサイタマを訪ねてきたB級1位地獄のフブキ。ヒーロー間の派閥の事を説明し、サイタマを引き込もうとしますがサイタマは拒否。新人脅しみたいな事をしていて嫌な女感を出していた地獄のフブキでしたが、なんかサイタマ達と仲良くなりそうな感じ出してましたね。

サイタマVS地獄のフブキの隣で戦うジェノスとソニック。この2人の戦闘シーンの作画はさすが過ぎる。めちゃくちゃカッコよかった。本気の2人の戦闘をあっさりと止め、ソニックも一瞬で倒すサイタマの反復横跳び。この爽快感が良いですね。

キングが完全にオタクを隠す気が無いのも面白いw「サイタマ氏ぃ〜」キングの2期での今後の立ち位置が気になって仕方のない13話、14話でした。S級ヒーローのまま行くのかな?

戦闘シーン、地獄のフブキとガロウの登場。ワンパンマン14話も濃ゆい内容で楽しめました。