LIFE

ニート卒業おすすめバイト3選!とにかく続けやすさが大事

投稿日:

ニート卒業おすすめバイト3選

ニート卒業へ向けて大きな1歩を踏み出したあなたへ、おすすめアルバイトを個人的に選んでみました。

もちろんバイト無しの即就職というのも手ですが、今ではバイトからの正社員登用をしている企業も多いですし、何よりも仕事への意識を変える期間としてアルバイトをまず始めるのも全然アリだと思います。

私も過去に3ヶ月程のニート経験をした事があり、その時の心境も交えながら、出来るだけ今この記事を読んでくださっている方の立場で書けるように努力します。

まずこの記事のアンサーになるおすすめバイトは以下の通り。

  • ポスティング(新聞配達)
  • 工場作業(軽作業系)
  • Webライター系

私が選ぶ脱ニートの人でも続けやすく、ストレスも比較的少ないんじゃないかと思うので挙げました。

いずれの仕事も過去に私が就職先、バイト先として少しばかり経験がありますので無責任なチョイスではないはずです。

それぞれのバイトの概要、おすすめした理由を解説します。

ポスティング(新聞配達)

新聞配達に関しては説明は不要でしょうが、ポスティングは聞き馴染みが無い人もいるかもしれません。

ポスティングとはチラシをポストに投函して歩く仕事です。新聞の折り込みチラシとはまた違い、チラシ専門な感じです。

会社にもよるでしょうが、働く時間帯がある程度融通が利く場合があります。新聞配達だと朝刊は朝が激早なので、そういった面でポスティングはおすすめです。

おすすめポイント

  • 割とすぐに1人きりでの仕事が出来る
  • 人と関わらない
  • 時間に融通が利く(会社による)

工場作業(軽作業系)

こちらもアルバイトの定番。工場といっても様々ありますが、軽作業系の業務があればそういった作業がおすすめです。

ニート期間が長ければ長い程、体力や筋力の衰えもあると思いますので作業内容の選択は多少慎重に。

おすすめは

  • お菓子の梱包
  • 製品・商品の検品

例えばこんな感じ。

工場系の中で個人的にオススメなのが食品系。理由は衛生面や空調といった設備が整えられている場合が多いから。

いずれも流れ作業になる可能性が高いですが、適応すればある程度気楽にできるアルバイトだと思います。

私の経験上では女性人口の方が圧倒的に多いので、女性には特におすすめ。でも男性もいるので男性の応募も可の所が多いはず。

まずは説明会や面接に行って話を聞いてみるのもいいですね。会社によっては正社員登用などもあるでしょうし、ニート卒業した後もある程度長い目で見る事ができる職種です。

おすすめポイント

  • 作業によっては体力的に楽
  • 会社によっては正社員登用などもある

Webライター系

Webライターと書くと敷居が高くなってしまいますが、要するにニュースサイトなどの記事を書く仕事がアルバイトとしてそこそこあります。

専門性の高いサイト(医学・教育など)に関してはニート卒でいきなりは難しいかもしれませんが、世に溢れているエンタメ系のサイトとかってアルバイトが書いていたりするんです。

たとえば誰もが知ってる「大手まとめサイト」とかもアルバイトを雇いながらやっているはずです。

ネットサーフィンが好きな人には特におすすめで、ニートから抜け出してまず始めるアルバイトとしては最適なんじゃないかと思います。

こちらも男女共に続けやすいのも魅力。

おすすめポイント

  • パソコンをカタカタするのが好きなら最高
  • 男女共に続けやすい

おすすめしたバイトの共通点

脱ニートする為のおすすめバイトとして、とりあえず3つ紹介しました。

他にもアルバイトは星の数程あるでしょうが、私が3つに絞っておすすめしているのには理由と共通点があります。

ここからは、ニートを卒業したいと思っているあなたへ向けておすすめした意味を解説していきます。

人と関わる事を最小限にする

いざ働くとなった時に、一番最初に来る不安が間違いなく「人間関係」だと思います。

でも誰かから賃金を貰う以上、誰とも接しないというのは不可能な話。じゃあできるだけ他人と関わりたくないというのが本音なんじゃないですか?

そう考えた時にこの記事でおすすめした3つのアルバイトは結構いい線を攻めているはずです。(もちろん勤務先による)

接客業が可能なら深夜のコンビニバイトなどもオススメなのですが、ニートを卒業していきなり接客業はキツイと感じる人が多いと思って敢えて入れませんでした。

臨機応変さをあまり求めない

おすすめバイト3つの共通点2つ目は、比較的臨機応変さを求めない職種だからです。

悪い意味に捉えないで欲しいのですが、仕事に慣れやすく、ストレスを感じない為に大事なんじゃないかと思います。

働き始めという事もあり、とりあえずは労働に体を慣らす為にも単純な作業を繰り返すアルバイトというのはおすすめです。

ニートこそバイトの選び方に気を付けよう

ニート卒業を図るべく、いざアルバイトを探そうとしている人にとって、まず最初ハードルになるのがバイトの選び方

この記事でおすすめ3選を紹介しましたが、それでも各地域や会社によって差があるのでどこに面接に行ったらいいか分からなくなるかもしれません。

そんな時はこれから書く事を意識してみてください。

時給より継続

アルバイト選びで意識するのはもちろんお金。

そりゃお金を貰う為にバイトするんだから気にならないはずがありません。

しかしあまりにも時給ばかり意識していると、応募の倍率が高すぎたり、そもそも選りすぐりしすぎて働き始めるまで時間が掛かってしまうかもしれません。

それよりは、自分が好きだと思える仕事があればそれを。なければこの記事で紹介したような他人とあまり関わらないような仕事を選んでみたりして、とにかく続けられるバイトを選ぶのがオススメです。

出来れば家近

これもニート卒の人には結構重要なんじゃないかと思います。

あまり家から離れていると、毎日通う事を考えた時に負担が大きく、めんどくさくなってしまうかもしれません。

もしそうなった時に踏みとどまれればいいのですが、ニートの時の甘えが出て「行くのやめよっかな」となってしまうのが怖いです。

そうならない為にもパッと行けてすぐ働けるバイト先というのはモチベ維持に重要な要素です。

ただこれは「できれば」の範囲で、ある程度の遠さは妥協する事も必要な場合もあります。

理想が高すぎても決まらないので注意

たかがバイトと考える人もいますが、働き続ける為にはある程度の慎重さも必要なんじゃないかと私は思います。個人的に思うニート卒業からバイトを継続させる為には、やはり1つ目のバイト選びが大切だと思います。

ただ、「鉄は熱いうちに打て」というように、やる気がある内にバイトを決めて働き始めないと冷めてしまう可能性もあります。

なのである程度慎重に。かつ素早く大胆な決断も重要なのではないでしょうか。

悩んで決めて、申し込んで面接したけど結局受からないかもしれません。でも落ちたくらいでめげずにどんどん次へと進んで行きましょう。

バイトから次のステージへ

ここまで色々書いて来ましたが、もちろん人それぞれ性格や向き不向きがありますので一番自分に合った仕事というのはその人自身にしか分かりません。

もしニート卒一発目でやりがいのあるバイトに就き、そのまま将来の就職も見えてきたなら儲けもの!

まずはバイトでも全然いいので「働いている」という自分を見つけましょう。そしてそこからお金の意識だったりを改め、就職を目指してバイトしながら探っていってみましょう。

ニートのまま就職先を探していた時よりも、心のゆとりというか色んなものが違って見えるはずです。

是非自分に合ったバイトを見つけてみて下さい。

-LIFE

Copyright© トレニスター , 2019 All Rights Reserved.