メンタリストDaiGoは年収6億円?現在の仕事の内訳は?

スポンサーリンク

メンタリストDaiGoの年収が判明?

2018年大晦日のガキ使「笑ってはいけないトレジャーハンター」でもタイキックさんに直々にカードゲーム心理戦の勝ち方を教えたりと、その抜群の的中率で一時期テレビに引っ張りダコだったメンタリストのDaiGo。

そんなDaiGoの推定年収が今話題になっています。テレビ出演の頻度的には以前よりも減った印象があるDaiGoですが今ではとてつもない額の年収を稼いでいるとされています。

1月6日放送のサンデージャポンでも年末に1400万円もする高級ワインを買っていた事を明かしており、テレビ露出は減ってもどこから収入を得ているのか気になっている人は多いでしょう。

推定年収6億円という噂

メンタリストDaiGoの年収は推定で6億円程なのではないかと言われているそうです。ネットニュースサイトの記事によるとDaiGoのテレビ出演の減少は自ら望んで選んだ事なんだとか。

「テレビから遠ざかったDaiGoさんですが、これは決して干されたわけではなく、自分から一線を引いたようです。というのも、テレビは収録時間が長いわりに出演料が見合わないこともある。」

なるほど。テレビの裏側の事はよく分かりませんが確かに拘束時間は長いイメージがあります。対してDaiGoがテレビでメンタリストとしての実力を披露できる尺は短い事が多かったような。

そういった理由があってDaiGo自らテレビ出演の機会を減らしていると芸能記者の証言があります。ではテレビ出演を減らして代わりに何を収入源にしているのか。

DaiGoの年収の内訳は?

推定年収6億円と言われるメンタリストDaiGoの最近の収入源は講演会やスマホアプリの企業案件や企業コンサルティングが多いそうです。

確かにテレビで見ていても心理学を生かした抜群のトークと人間が次にどんな行動を取るのかを見透かすように当てているDaiGoは講演会などで人気が出るのは必然です。

テレビよりも講演会や企業案件が割りがいい?

DaiGoが行っている講演会は恋愛系が人気でDaiGoの出演料は1時間300万円なんだとか。時給300万円と言い換えると凄さが分かりやすいですね。そんな高額な講演料ですが年間50回程の公演を行っているらしくそれだけでも十分な収入源になっているそうです。

更にスマホアプリや企業コンサルなどでも1社辺り100万円程の契約金が支払われ、それは現金に限らず株で支払われる場合もあるそうです。

その他にも自身が出版する書籍の印税もあり、その割合は16%と一般的な印税の割合の2倍程らしいです。印税って意図して貰える額を増やしたりできるのだろうか・・・。すごいなぁ。

そんな様々な収入源があってDaiGoの推定年収6億円説が出ていますが現在32歳にしてすごい額を稼いでいるようです。あくまで芸能記者の推定年収という事で正確な年収は不明ですが講演料などを考えると現実味のある数字です。

このDaiGoの年収報道を見て心理学に興味を持ったり夢を感じる若者が増えるかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました