ラブライブ公式サイトが乗っ取り?ドメイン移管が原因か。犯人は?

ラブライブ公式サイトが第三者に乗っ取られた?

無印、サンシャイン共にアニメ放送からしばらく経った今でも不動の人気を誇る「ラブライブ!」。最近では田村淳さんがハマってラブライバーの仲間入りした事も大きな話題になっていました。

2019年1月に公開されたラブライブ!サンシャイン‼️「Over the Rainbow」やスマホ向けアプリ「スクフェス」などファンを楽しませるコンテンツを常に発信しているラブライブですが、2019年4月5日、公式サイトがおかしな事になってしまいました。

「ラブライブ」と検索すると、一番上に表示されるラブライブ公式サイト。この公式サイトが何者かに乗っ取られたのでは?という表示がされています。

検索結果に表示される「ラブライブは我々がいただいた!」という表示。普通にアクセスしようとした人は「なんだこれ?」ってなりますよね。

そしてクリックしてページに進むと中はこんな表示がされています。

なんかエイプリルフールに公式がいたずらしたのかな?なんて思うような意味が分からない文面が表示されます。日本語がおかしい感じがするので、外国の方が書いた文章のようにも感じました。

しかしこれは公式のイタズラでもなんでもなく、ラブライブ公式も予期していなかった事態らしいです。

公式ツイッターアカウントで「ページ内容を改ざんされるトラブル」と発表し、ウイルスなどを警戒し、アクセスをしないように呼びかけています。

ハッキング、第三者による乗っ取りの被害という事なのでしょうか。ラブライブ公式が現在原因究明中ということなので、正式な発表を待ち、指示通りにアクセスを控えるようにしましょう。

ドメイン移管されている?

ラブライブ公式サイトがおかしな事になっている件ですが、詳細な原因は不明。しかし、ネット上ではドメインの移管が人為的ミスで起こった可能性があるとの声も出ています。

ラブライブ公式サイトのドメインは4月5日1時18分に、本来の所有者「SUNRISE INC.」から別の人物へ更新されていたそうです。現在の所有者は「上野かほ」となっており、ネット上で特定されているような画像も見かけました。

肖像権の問題&関係無い人物の可能性もあるので当サイトでは画像は載せませんがラブライブ公式のリプライで貼られています。果たして当人なのか・・・。

トップページにも記載されているように「元所有者は移管オファーを承認してしまった」とある事から、ラブライブ側の人為的ミスである可能性もあるようです。

私もサイトを運営しておきながら、いまいちドメイン移管などの事情は分かっておらず、知識は乏しいのですが、とにかく今はラブライブの公式サイトが第三者の手で操作できる状態にあるようです。

相手側に悪意があるのか、ないのかは不明な所も怖い点ですが、自分達にドメインを渡すようにオファーしているという事は「悪意無し」って訳でも無さそうな・・・。

どちらにせよ、今はウイルスの危険もあるのでアクセスしない事ですね。最新の情報はラブライブ公式ツイッターで発信されているので、そちらでチェックしましょう。