ハードウェアウォレット“Ledger Nano S”で安全に仮想通貨を保管する

NO IMAGE

仮想通貨の安全な保管方法

こんにちは。今回はコインチェック社のNEM流出を受け焦ってハードウォレット“Ledger Nano S”を購入した私が買って良かったと思った話を書いて行こうと思います。

LedgerNanoSの使い方は別記事で紹介します。

資産が凍結された

みなさん購入した仮想通貨はどこで保管していますか?新しく仮想通貨を始めたと言う方は買った取引所、販売所に入れたままになっているという方が多いのではないでしょうか。

私もそうでした。ハードウェアウォレットを買ってそこに入れた方がセキュリティー面で安全という事は知っていたのですが、なんとなく面倒くさそうで「その内買って移そう」なんて思っていました。

そして起きてしまったコインチェック社のNEM流出事件。私自身、少額ではありますがNEMを保有しており被害者となってしまったのですが、 NEMのショックもありましたが同時に他のコインも凍結されました。
その時めんどくさいからとコインを買ったまま販売所に預けていた事を後悔しました。コインチェック社のNEM流出に関してはコインチェック側のセキュリティー管理の落ち度もあり販売所、取引所が安全という考えは世間から消えたはずです。

結果的に私の保有していたNEM以外のコインは返ってきましたがすぐにハードウェアウォレット“Ledger Nano S”へ送金しました。凍結されている内にどの通貨も価格はかなり落ちてしまいましたが元々ガチホのつもりで購入したので気にせず全コインをLedger Nano Sへ突っ込みました。

在庫のある内に購入がオススメ!

私が買うのを後回しにしていたハードウェアウォレットLedger Nano Sですがもし購入を検討していて今後も仮想通貨を続けて行きたいと考えている方は在庫が安定している内に買う事をオススメします。

というのもコインチェック事件の後、ハードウェアウォレットの需要が急速に高まり日本の正規代理店でLedger Nano Sの在庫が不足し購入してから届くまで時間が掛かったのです。

これから先、起きて欲しくないですが万が一コインチェックのような巨額の不正流出事件などが起こるとまた品薄になり販売所、取引所から資産を逃す事が出来なくなるかも可能性があります。さらに需要が高くなると商品自体の価格高騰も無いとは言い切れません。なので在庫と価格が安定している内に「一応買っておく」というのが良いと思います。

購入の際はオークションやAmazonのよく分からない販売者からは絶対に買わないで下さい。不正に送金させる細工がされている事があるそうです。

もしそうなっても泣き寝入りするしかなくなってしまします。ハードウェアウォレットは日本では正規代理店もあるのでそこから購入しましょう。

rippleを入れる事ができる

ハードウェアウォレットの選択肢の中でLedger Nano Sを買う人はripple(XRP/リップル)を保有している方が多いのではないでしょうか。

レジャーナノSはリップルを保管できるのでリップルを購入予定の方にオススメです。

注意して頂きたいの最初の入金時にLedger Nano Sのアクティベートの為に20XRPをウォレットの中に置いておかなければいけない事です。この20XRPは取り出せないので注意です。

もし今後リップルが高騰して2018年1月の400円以上の値をつけた時、アクティベートの為に400円×20XRP=8000円掛かってしまいます。

500円、1000円と価格が高騰する程アクティベート代が高くなるのでやはりXRPが安い内に買っておくのが良いですね!

安心を買えるなら安い出費

私は14000円程で購入したLedger Nano Sですがこれから先の安心を買ったと思えば安い買い物でした。個人のウォレットを狙った悪い人もいるのでインターネットから隔離したハードウェアウォレットは安全です。

もちろん物理的な盗難や紛失には気を付けなければいけませんよ!

PINコードの設定やアプリのダウンロードなど色々使い方で複雑な点もあるのでそれはまた別記事で紹介します。