アニメ

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」1話感想。アニメ初見勢でも楽しめるだろうか。

更新日:

アイキャッチ引用元: この世の果てで唄う少女YU-NO

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO放送開始。

2019年冬アニメが続々と最終回を迎え、喪失感に浸っていましたが、間髪入れずに春アニメの放送が続々と開始されました。4月スタートのアニメとしては最速(?)の「この世の果てで唄う少女YU-NO」の1話が4月3日から放送開始。早速1話を視聴したので感想記事としたいと思います。

ゲーム原作という事ぐらいしか予備知識が無く、未プレイ、アニメ初見となる私ですが、1話の感想としては面白そうなので継続視聴するかな〜といった感じです。もしかしたら途中で感想を書かなくなる可能性も0ではありませんが、できれば最終回まで書いて行ければと思います。

YouTubeの予告動画でも原作ゲームファンから「名作」との声が多く見られていたので今期楽しみにしているアニメの一つです。

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」というタイトルにも目を惹かれ、今期楽しませてくれる事を期待しています。

この作品は略称、愛称はあるのかな?軽く調べてみましたが、どこもフルタイトルで書いている気がします。当サイトでもタイトルをそのまま使って感想を書いていきます。

1話感想。初見にはちょっと話が難しそうな気配。

4月3日に第1話が放送開始になった「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」ですが、アニメで初めて見た私としては、個人的にキャラデザ、各キャラの声は好きな感じでした。予告動画でキャラデザに関して厳しいコメントも見られていましたが、ここは原作ファンにしか分からないで私はノータッチ。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO1話では、公式サイトに掲載されている登場人物が全員登場していました。初見あるあるの誰が誰だか分からない現象が私の中で起きてしまいましたが、ここは回を重ねる毎に徐々に分かって行くでしょう。

主人公の有馬たくやの家庭環境がなかなか複雑そうですね。父が亡くなって(?)、継母の有馬亜由美との関係がややぎこちない感じの印象。学校の人物も1話を観ただけではイマイチ関係性は理解しきれませんでした。まぁ追い追い。

1話で死んだと話されていた有馬たくやの父が、実は生きていたみたいな話の展開でしたが、この作品はタイムリープ的な?違う世界線的な?話なのかな?

指示された場所で出会った全裸の女の子、会ったはずなのに記憶が無い龍蔵寺と亜由美。死んだとされていたたくやの父、有馬広大が物語の大きな鍵を握っていそうですね。あと転校生の神奈も重要キャラでしょうなぁ。まれいたその声たまんねぇ〜。

予備知識皆無で1話を観ただけでは正直何がなんだか・・・って感想ですw ちょっと小難しそうな数式みたいなのもチラッと見えてたし、キャラが口にする単語も難しい印象。完全初見にはちょっと難しい感じがしましたが、1話切りはしません!w

これか理解して面白いと感じて行く事に期待しています!来週の2話以降も集中してストーリーを理解するように頑張ります!


この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 【同梱特典】オリジナルNEC PC-9800シリーズ版 DLCカード 付-PS4

-アニメ
-,

Copyright© トレニスター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.