この音とまれ!第1話感想。ヤンキーのデレはいいぞ!

アニメ「この音とまれ!」1話放送

青春感溢れるタイトルに惹かれ、「この音とまれ!」第1話を視聴した感想を書いていきます。箏曲部のストーリーが描かれているという事で、箏の知識皆無、原作未読の私が出来れば毎週記事を更新していきます。

大人になるとついつい見たくなる部活系のアニメ。二度と戻れない学生時代の箏を考えると切なくなりますが、その切なさに浸るのが好きな人も多いはず。この先どのような話の展開になるのかは分かりませんが、是非我々大人達の胸を締め付けるようなストーリーを期待しています。

1話感想。お前が主人公じゃないんかい!

4月6日深夜から2019年春アニメとして放送かいしになったアニメ「この音とまれ!」ですが、一言で感想を言うと「主人公そっち!?」です。

先輩が卒業し、箏曲部の部員が2年生1人になってしまい、廃部を免れる為に1年生の勧誘を進める倉田武蔵。ヤンキーの溜まり場になってしまっていた箏曲部の部室からヤンキーを追い出そうとしてボコられる倉田くん。そこに登場した1年生ヤンキーの久遠愛(くどお ちか)。愛って書いてちかって読むのかっこいいな。

箏曲部に入部希望である事を部長の倉田くんに伝えるも、こいつも溜まりに来たんだと勘違いする倉田くん。

そこから愛の過去を知り、死んでしまったおじいちゃんと箏曲部の関係も知って誤解が溶けるという内容でした。そんな「この音とまれ!」1話を見て私はてっきり倉田君が主人公だと思っていました。

そしてこの記事を書こうと思い、公式サイトをwikiをチラ見したところ、この作品の主人公は久遠愛と書いてあるではありませんか。え、そっち!?w

確かに主要人物である事はすぐ分かりましたが、1話の始まり方的に倉田君目線が多かったのに、まさかの愛が主人公という事に驚きでした。地味系男子がヤンキー後輩と一緒に部活を盛り上げるストーリーだと勝手に解釈していましたが、まさかのヤンキーが主人公だったとは!

愛の友人の高岡哲生もいいキャラ感を出していて期待!キャライケメンだし、早く女子も出て来てくれ!

心優しきヤンキー久遠愛

この音とまれ主人公の久遠愛の過去を語っていた第1話。グレていた愛を支えたおじいちゃんが亡くなり、濡れ衣を着せられて警察沙汰になった愛かわいそすぎんか。

でもおじいちゃんとの関係もあってめっちゃいい奴になってる愛。部室掃除したり看板拭いたりめっちゃいい奴だ。おじいちゃんが創設した箏曲部への思い入れがこの作品の大きな肝になるのかな?

倉田君の誤解も解け、良好な先輩後輩関係になりそうな愛と倉田。暴力事件の濡れ衣を晴らしてくれた倉田へ照れながらお礼言う愛可愛いな!男だけど!

ヤンキーのデレはいいぞ!中学時代と比べ、丸くなったヤンキーがこれから先のストーリーでどうなっていくのかも楽しみなポイントです。

1話では箏の演奏シーンは先輩達の失敗しながら演奏するシーンだけでしたが、これから先本格的な演奏シーンも期待しています。これは箏を流行らすアニメになるのだろうか。

来週の2話も楽しみにしています。