鬼滅の刃4話感想。真菰ちゃんの仇じゃあ!

アイキャッチ画像引用:鬼滅の刃

鬼滅の刃4話「最終選別」感想

1話から炭治郎がとりあえず目指すべき目標としてストーリーが進んできた「鬼殺隊」へ入る為、鬼滅の刃4話ではサブタイにもなっている最終選別へと足を運びます。

鬼滅の刃4話では2話、3話であったようなギャグ要素は抑えられ、悲しい話になっていました。

鬼殺隊に入る為に命懸けの最終選抜に挑む炭治郎。7日間鬼がいる藤襲山を生き延びる事が合格条件になっている最終選抜で、炭治郎はある鬼と出会います。

錆兎と真菰はやっぱり・・・

鬼滅の刃4話冒頭、3話で出会った面を付けた少年少女「錆兎と真菰」の手助けで岩を斬った炭治郎のシーンが始まります。

先週の3話で錆兎は炭治郎の修行を手伝ってくれ、真菰ちゃんも炭治郎の岩斬りへ向けてアドバイスをしてくれていました。

岩を斬った後に錆兎と真菰がいなくなった事から、なんとなくそんな気もしていましたが、鱗滝の元から最終選抜に旅立った2人はそこで命を落としていた事が分かります。

鱗滝さん・・・厄除の面ダメじゃん・・・

いよいよ最終選別へ行こうとする炭治郎へ、これまでの厳しい修行の時時とは違い、めちゃくちゃ優しいおじいちゃんになって接してくれた鱗滝。

なんだこの人、めっちゃいい人じゃねぇか(泣)

そして錆兎や真菰も付けていたような面を炭治郎に渡します。これは鱗滝が付けている者の身を守ってくれるように作った厄除の面というらしい。

そしてこの厄除の面が鱗滝のに育てられたという証になるらしいが・・・。

最終選抜が開始され、早速続々と鬼に出会う炭治郎。そこで鱗滝の育ててきた子供達を何人も食ってきた鬼に出会います。

鱗滝さん・・・厄除できてないやんけー!

錆兎と真菰も手にかけていたこの鬼。貴重なロリを殺しおって!許さんぞこいつ!錆兎と真菰が殺されるシーンの描写なかなかショッキングな感じですね。

真菰たそ〜(;ω;)

呼吸法も身に付け、嗅覚も更なる武器になった炭治郎はあっさりこの鬼をすっぱり首チョンパ!やっぱ主人公つえ〜!

鱗滝が捕まえて閉じ込めた鬼がこんな事になってしまっていたとは。これで錆兎と真菰の出番も終わってしまうのだろうか。

そして4話では出番一切なかった禰豆子。まだ寝たままなのか。

無事に二人の仇も取って、炭治郎はこのまま選抜を合格する事になる感じかな。なんか選抜始まる前にいた双子の日本人形みたいなキャラこっわ。

引用:鬼滅の刃

あと鬼と炭治郎のやり取りで年号が変わった〜ってやり取りが平成と令和の旬すぎる話題として盛り上がっていたみたいですね!

鬼滅の刃4話も戦闘シーンが良かったです!炭治郎の刀からOPの映像にあるみたいなエフェクトが出始めていてカッコイイ!

来週の5話も楽しみです。