【仮想通貨】匿名通貨って何?

【仮想通貨】匿名通貨って何?

匿名通貨とは

仮想通貨が世の中に浸透してきている事がジワジワと実感できる今日この頃ですが仮想通貨(暗号通貨)が実用されるにあたり匿名通貨の需要がどうなってくるのか気になっています。ビットコインなど実際に使用できる場が増えてきている通貨はプライバシー面で心配される声があるようです。

匿名通貨と呼ばれる通貨はこのプライバシー問題を解決する性質があるといいます。例にとると匿名暗号通貨のZcashはゼロ知識証明という方法を使ってどのコインを使ったかという情報を隠す事ができます。

また、スマートコントラストの認証に際するコストを抑える事もできるようです。匿名暗号通貨は現在発行されているコインでは以下の3種類が有名です。

今後こちらの個別の暗号通貨についても記事を更新していきます。

スポンサーリンク

ビットコインの透明性

ビットコインなどの仮装通貨はブロックチェーン技術を使って個人間で資金のやり取りができます。そしてその時に使用した個人のアドレス間のやり取りは取引記録として残され、どのアドレスからどのアドレスへいくら送金されたかが分かります。

ブロックチェーン上ではこのアドレスから個人を特定する事は出来ませんが、もしそのアドレスが誰の物なのか分かった場合は過去の取引も分かってしまいます。取引履歴が残り、それを見る事ができるという事はそれだけ透明性があります。

しかし表現を変えると個人のプライバシーがもしかしたら他人にバレるかもしれないという可能性もあります。もし犯罪が起きた時などはとても役立ちそうな取引記録ですが一部ではこの点がプライバシー保護の面で心配という声もあるようです。

スポンサーリンク

匿名通貨の懸念点

ビットコインは便利で透明性がありますが少数ながらプライバシー保護が不十分という声があります。その点、匿名通貨はプライバシーの保護の面では優れています。プライバシー保護の面だけで考えると匿名通貨の圧勝という気がしますがこの匿名性が匿名通貨の懸念点でもあるようです。

犯罪などに使われてしまう可能性

匿名通貨は個人情報を隠しながら取引ができるという事で安心感はありますがその匿名性が資金洗浄などの犯罪に絡んだ事に使われる事が懸念されています。

確かにビットコインなどの取引履歴を辿って過去の資金の流れを残す通貨よりは匿名で資金を動かす事のできる匿名通貨の方が違法な取引に使われるリスクが高いと思われます。

記憶に新しい2018年のNEM流出事件がありますが、匿名通貨でないNEMでも犯人の特定には至っておらず事件は未だ未解決で盗難NEMは全て売られました。それを考えるともし盗まれたのが匿名通貨のMoneroなどだったらもっと早く売り払われていたのかななどと考えてしまいます。

仮想通貨の実用性が高まるにつれてプライバシー問題なども考えなければいけませんね。匿名通貨もメリット、デメリットがありますが個人でも使いやすく安全な取引が将来できるようになる事を願います。