色づく世界の明日から6話感想!金色のサカナの正体と瞳美の色覚の関係

色づく世界の明日から6話感想!金色のサカナの正体と瞳美の色覚の関係

色づく世界の明日から6話「金色のサカナ」感想

色づく世界の明日から6話放送最高でしたね!これまでかなりスローペースな展開でしたが大きく物語が動いた回となりました。

6話サブタイトルは「金色のサカナ」。瞳美が唯一色を感じる事が出来る唯翔の絵の中に1話から登場していたあの動く魚です。

瞳美が色を感じる事が出来るだけではなくて液タブの中から飛び出して存在感を見せつけていたので、この作品の中で大きな役割を担っている事は明らかでしたが6話では金色のサカナの正体について描かれていました。

先週の5話では瞳美が初めて作った星砂を使った唯翔も金色のサカナを見るシーンで終わっていました。瞳美が無意識に魔法を使う事で唯翔にも見せた泳ぐサカナ。その正体とは。

金色のサカナの正体は唯翔の夢?ネタバレあり

色づく世界の明日から6話で語られた金色のサカナの正体。唯翔が自分の絵に金色のサカナを描く理由は、小学生の時に展覧会で賞を貰った「きんいろのさかな」から来ているものでした。

絵を描くきっかけになった金色のサカナを描き続けている唯翔。しかしなぜ星砂に混ざって現れたのか。その点は謎でした。

瞳美が見た唯翔の絵の中の世界

色づく世界の明日から6話中盤では、瞳美が無意識に魔法を使って唯翔の絵の世界に迷い込むシーンがあります。

独特なタッチで描かれた世界に足を踏み入れた瞳美。そこにも大きな金色のサカナが泳いでいました。そして唯翔の絵の中を歩き出した瞳美は、明るい世界から徐々に荒廃した世界へと足を踏み込みます。この絵の中の世界観、背景がまた素晴らしい。

その荒廃した世界で見たのが唯翔が描く金色のサカナの無残な姿。金色の美しい姿からはかけ離れた茶色に近い魚でした。

大きなサカナと小さなサカナがいて、大きなサカナは横たわっており、既に死んでいるかの様子。小さなサカナは黒い人影に追われている。あの人影は一体・・・。



私はこのシーンを見て金色のサカナの正体は唯翔の絵に対する夢なのではないかと思いました。動く金色のサカナは唯翔の絵を描く夢、希望なのだと。荒廃した世界で見た死んでいるかのようなサカナは上手く描けずに夢を諦め描けている唯翔の心情なのではないかと思いました。そして泳ぐサカナを捕まえようとしている人影は唯翔の夢に対する迷いなのではないのかと。

唯翔は画家になりたいと考えているはず。進路は就職を希望していますがそれは夢に自信が無くなっているからだと感じます。そして6話では朝川砂波という人の個展に唯翔が足を運びます。唯翔の先輩らしいですがその人物と話した事で唯翔の絵の夢に対する夢への決意が固まったように思いました。




瞳美の色覚と金色のサカナの関係

唯翔が絵に対する気持ちを固め、瞳美に描いた絵を一番最初に見せるというシーンがありましたが、その後で瞳美の見る世界に色が戻ります。

そこでも金色のサカナが登場するのですが、瞳美の色覚は唯翔の絵だけではなく完全に戻っている様子。これは一体どういう事なんだ!

唯翔の感情一つで瞳美の色覚が左右されていたという事なのか?瞳美が昔色覚を失った詳細な原因がまだ語られていないのですが、その原因も金色のサカナと大きく関係しているんじゃないかと予想しています。

瞳美が取り戻した「色づく世界」。やっぱり色覚と取り戻す鍵は唯翔でしたがこの二人この後どうなるんだ!最後唯翔は「月白さん」から「月白」って呼び捨てにしてたし。というか瞳美が色覚を取り戻したという事は60年後の世界に帰るタイミングも来るって事か?てかあさぎちゃん可愛い!将は相変わらず鈍感!

気になる事が多すぎてもう来週まで待ちきれません!そしてヒロイン達みんなかわええ・・・。

瞳美とあさぎコンビ尊いんじゃぁ^〜。

来週の色づく世界の明日から7話「ヴィーナスの重荷」も絶対観ます!ヴィーナスってあさぎちゃん?瞳美?

Amazonプライムビデオでこれまでの6話全て見放題になっていますよ♪

色づく世界の明日から最高ですわ!ではでは♪