一人暮らし初心者必見!私流、部屋探しポイント!

NO IMAGE

部屋選びでチェックした方がいいポイントは?

春といえば新生活シーズン!学生、社会人など新しい環境になり、同時に地元を離れて一人暮らしのスタートなんて人も多いのではないでしょうか。そこで悩むのが一人暮らしの物件探し。初期費用や月々の家賃などお金の掛かる事なので慎重に良い物件を探したい所です。

ある程度予算があり、自分の希望通りの物件を探す事が出来ればそれが一番なのですが今後親のを借りずに自分で払っていくとなれば少しでも安い所に住みたいと考えるのが普通だと思います。そこで今回は一人暮らし歴6年を迎えた私流の物件探しのポイントを書いていきます!

駅チカ

電車通勤、通学を考えているならこれは要チェックポイントですね!帰り道は良くても朝の時間の無い時は1分の差がとても大きく感じるものです。私自身、駅まで徒歩5分の物件から徒歩10分の物件に引っ越したらかなり辛く感じました。成人の歩くスピードは1分で80メートルくらいらしいので5分だと400メートル、陸上トラック1周分の距離になります。
駅の近くに駐輪場があったりして駅まで自転車で行けると便利なのですが、定期駐輪を申し込んでいないとタイミングによっては駐める所がなかったり・・・。それで路上に駐めて撤去なんて事になったら最悪です。私としてはこれから先2年は歩いても苦にならない距離の物件を選ぶ事をおすすめします。

日当たり

部屋選びは日当たりもとても重要です。洗濯物を外に干した時の乾く時間も全然違いますし何よりも部屋の湿気を大きく左右します。以前1階で隣にマンションが隣接する物件に住んでいたのですが夏でも午後の1〜2時間程しか陽が入らず、常にジトっとしている状態でした。私はベットのマットレスにカビが生えました(笑)
カビもですが休日の昼も常に薄暗く気分があまり良いとは言えませんでした。気にならない方は気にならないと思いますが。
なので北向きの部屋や隣に大きな建物があり、日差しを遮るような場合は注意が必要です。

2階以上

次に住む部屋の階数です。特に木造2階建てアパートなどの場合は圧倒的に2階に住む方が快適だと思います。というのも鉄筋コンクリートなどのしっかりとした建物だと良いのですが木造だと隣や上下階の生活音が結構聞こえます。上の階に人がいると結構足音が気になったりするんですよ。感じ方には個人差がありますが神経質で物音に敏感な人は気を付けた方がいいです。

あと、よく聞く話としてはゴキブリが出る確率が1階より低いらしいです。ゴキブリに関しては高層マンションにも出るのでなんとも言えないのですが確かにわざわざ2階に来るよりは1階の部屋に導かれていきそうな気はしますよね(笑)

収納

収納はワンルーム物件には無い所もありますがクローゼットはあった方がいいと思います。ハンガーラックやタンスでも何とかなりますが季節毎の衣類や布団など場所を取る物を収納するスペースが無いと部屋がグチャグチャになるかもしれません。
特に大学生の方は自然と服も多くなるでしょうし部屋のスペースを確保する為にもクローゼット付きの部屋をおすすめします!部屋以外もキッチンのシンクの下だけではなく上にも食器棚が付いていたり、洗濯機を置くスペースに洗剤を置く収納があったり、トイレ内にも収納があると尚良しといった感じです。
以外と目が向かない収納の有無ですが日用品が増える事も考えた選択がおすすめです。

家賃と相談

私個人が部屋選びで特に気を付けた事が上で挙げた点ですが、結局は自分の収入と家賃を照らし合わせて決定する事になります。あんまり背伸びしすぎても自由に使えるお金が減ってしまいますし、バランスが大事です。

他にも築年数などもこだわりたいですが、部屋の階数や駅徒歩や築年数はこだわればこだわる程比例して家賃が上がるのでどこかのポイントを妥協する事も必要になるかも知れません。築年数が新しい代わりに駅から遠い物件にする等。
その辺は長く住むかまた引越しする事が前提かで基準が変わってきますが、やはり一度は自分の目で内見して決める事が大事です。2月3月などは家賃の相場が上がる傾向にありますし、不動産会社も繁忙期で自由に内見スケジュールが決めれない事もありますので11月12月などの引越しシーズンをズラすのも良いかも知れません。

素敵なお部屋探しを!