仮想通貨取引所HitBTCが日本人を規制へ!草コイン保有者は早急な対応を!

仮想通貨取引所HitBTCが日本人を規制へ!草コイン保有者は早急な対応を!

HitBTCの日本居住者へのサービス停止

世界各国で規制が進められている仮想通貨ですが、今度はイギリスの大手仮想通貨取引所であるHitBTCから日本居住者向けのサービスを停止するアナウンスが発表されました。

これはHitBTCが6月2日にホームページやメールで告知したもので今後は日本国内で登録されたIPアドレスの方が対象になっており、継続して取引所を利用する為にはメールを受け取って14日以内に日本に居住していない事を証明する必要があるそうです。

これは日本在住でHitBTCを使って仮想通貨取引をしていた人の多くが対象になるので注意が必要です。



スポンサーリンク

サービス停止前に仮想通貨を逃がしましょう

HitBTCは日本在住者へのサービスを停止するという事なのでこれに伴いHitBTCのウォレットに仮想通貨を置いている人は早急に他取引所に送金するなどの対応が必要となりました。

仮装通貨の保管にはハードウェアウォレットを使用しましょう↓




 

対象者はHitBTCからメールを受け取ってから14日後にサービス終了とう事でしたので14日を過ぎると最悪の場合、資金凍結の可能性も考えられます

今後日本人向けにサービスを再開する見通しなどは発表されていないのでこれは絶対に避けたい所ですね。特にHitBTCでは草コインを保有している人も多いでしょうから、ウォレットに対応していない草コインは主要通貨に換金するなどする必要があります。

実際草コインのいくつかは売られた事が原因が価格の下落が見られていました。



スポンサーリンク

金融庁からのお達しか

今回のHitBTCの日本居住者向けのサービス停止は日本の金融庁からの指示だと思われます。金融庁では現在仮想通貨取引所は仮想通貨交換業として金融庁から認可されていない所へは厳しい目を向けています。

国内でも業務停止命令がすでに出ている取引所もありますし、これは海外取引所も例外ではないようです。海外という事もあり金融庁はどうこうできないので日本人が使えなくする事に転じているのでしょう。



スポンサーリンク

今後も海外取引所の日本人規制が広がるか

今回のHitBTCの日本居住者への規制ですが金融庁の動きを見るに今後は他の海外取引所でもこのような動きは加速して行くのではないかと思います。

先日Binanceでも金融庁から認可されていないとかで騒ぎになりましたが今の所は規制は入っていません。しかし国内は金融庁の認可が必要なのはもちろん海外の取引所を使用している人はいつ規制が入ってもいいように最新の情報を掴む必要がありそうです。

仮想通貨へ投資している人の中には長期目線で毎日チャートを見ないという人もいらっしゃるかもしれませんが今回のような事もあるので少なからず気にしながら生活した方が良さそうですね。

恐らく2018年の最近の主要仮想通貨の低迷は草コインが増えすぎて資金が分散しすぎている事も要因の一つでしょう。そう考えると草コインもより価値が在るものだけ生き残り主要通貨はさらに需要が増していくいいキッカケになるのかもしれません。

規制がしっかりとされ今後は適正な価値を目指して行くものだと思っています。今後も楽しみです。