ダイソンのカールドライヤー「Airwrap」近未来感がすごい!

ダイソンのカールドライヤー「Airwrap」近未来感がすごい!

ダイソンから最新カールドライヤー発売

ワイヤレス掃除機や羽根の無い扇風機でお馴染みのダイソンですが、そんなダイソンから画期的なカールドライヤーが発表されました。

女性の方はみんな知っているかた思いますが男性の方はカールドライヤーと言われもどんな物か分からないと思いますがこういう商品です。くるくるドライヤーとも呼ばれますね。

家電量販店などでみた事がありますよね。通常のドライヤーと同じように温風が出るので本体のクシで髪を乾かしながらスタイリングも出来る商品です。

男性は使う機会が無い人の方が多いので無縁の話になるかもしれませんがダイソンから発売されたカールドライヤー「Airwrap」がかなり近未来感溢れる商品になっていると話題になっています。

羽根が無い扇風機も近未来感がすごかったですがダイソンのカールドライヤーAirwrapはこんな感じになっています。

英語なので何言ってるかよく分かりませんが動画内で長い髪がAirwrapに勝手に巻き付いている様子が分かると思います。クシが付いていないスタイリッシュなデザインのAirwrap。

「え?どゆこと?」ってなりますよねw

Airwrapの勝手に髪が巻き付く技術はダイソンならではの技術が使われているようです。

コアンダ効果で髪が巻きつく

ダイソンのカールドライヤーAirwrapには羽根の無い扇風機にも用いられているコアンダ効果が採用されているようです。

ジェット機の開発から発見されたこのコアンダ効果というのは風や水の動きに見られる性質でドライヤーでピンポン球を浮かせたりする遊びもコアンダ効果を用いたものです。

説明は複雑で難しいので省きますが詳しく知りたい方はコアンダ効果で調べて見てください(笑)

ダイソンはこのコアンダ効果で「羽根の無い扇風機」を開発しました。カールドライヤーAirwrapもこのコアンダ効果が働く事で髪が勝手に巻き付ける事ができます。

髪へのダメージを減らす

従来のカールドライヤーは髪へ高熱が直接加わる事で髪へダメージが加わっていました。さらに風が弱いので通常の温風ドライヤーに比べると乾かすのにも時間がかかる物がほとんど。

しかしダイソンのAirwrapはスタイリング時の温度が150度以下と通常のカールドライヤーが200度を超えるのに対して温度が低くなっています。さらに大風量で髪の乾燥もしっかり行えるようです。

価格、購入方法

ダイソンの最新カールドライヤーAirwrapですがまだアメリカでの販売しか決まっていないようです。

今後日本へ上陸する可能性は高いと思いますが時期は発表されていません。新しいモノ好きの方は今すぐ欲しいという方も多いでしょうが今しばし我慢しましょう。

価格は以下のようになっています。

Airwrap Volume + ShapeセットとAirwrap Smooth + Controlセットが用意されます。価格はいずれも499.99ドル(約5万7000円)。全部入りのAirwrap Completeセットは549.99ドル(約6万2000円)

なるほど、やっぱり結構高いですねw

それでも未来のカールドライヤーの先駆け的存在になるかもしれませんね。