ドメスティックな彼女(ドメカノ)12話感想。この最終回は2期待ちするしかない。

アニメ
スポンサーリンク

アイキャッチ引用元:ドメスティックな彼女

ドメカノ12話最終回「ごめんね、愛してる」感想

2019年冬アニメ何見ようかな〜って思いながら1話を観たら、いきなり事後シーンから始まって即視聴確定したドメスティックな彼女。ほぼ毎回男子に嬉しいサービスシーンを盛り込んでくれながら、ストーリーも抜群に面白い!

そんな今期個人的にとても楽しめたドメカノが最終回の12話を迎えました。前回の11話で遂に念願の合体に成功するも、見事に学校にバレてしまった夏生と陽菜の秘密の関係。

陽菜ちゃん夏生と付き合うまではめちゃくちゃ慎重で、しっかり教師&義姉としての立場を弁えていたけど、夏生と付き合い始めてから愛に歯止めが効かなくなってしまっていましたね。秘密の関係が一番バレちゃダメな学校にバレた事で必然的に悲しい展開待った無しになってしまいました。個人的にとても感じるモノの多かった12話の感想をネタバレ込みで書いていきます。

最終回の圧倒的切なさ。陽菜ちゃん最高だ。

ドメカノのストーリー上、果たしてどんな最終回を迎えるんだろうとずっと気になっていましたが、アニメは最終的にバッドエンドで終わりましたね。

誰もが一度は妄想を膨らました事があるであろう教師と生徒の恋。そんな裏山な禁断の恋にプラスして、親の再婚連れ子同士という確実に燃え上がる関係性にいよいよ終止符が打たれたドメカノ12話。

写真で動かぬ証拠を突きつけられた陽菜が、全ての責任を背負って家族にも内緒で異動を決意、夏生の下から居なくなるという展開でした。夏生だけじゃなくて瑠衣や家族にも内緒でいなくなるのはちょっと身勝手感がありましたが、校長への土下座や陽菜のその後の動きを見ると胸が痛くなります。

引用元:ドメスティックな彼女

陽菜と桐谷先生の屋上での会話、そして夏生へ向けた手紙で私の涙腺が崩壊しました。

桐谷先生が話していた「因果」。萩原も陽菜へ特別な感情を抱き悩み、教え子の陽菜もまた同じ道を辿る事になるとは。そして陽菜の泣き顔とこのセリフ。

「多分どんなに反対されてもこの気持ちは止められなかったと思います。」

引用元:ドメスティックな彼女

涙ボロボロでこんな事言うなんて。教師と生徒でも純愛なら許してやろうぜ・・・。夏生が陽菜にグイグイアタックしなくても結局この2人は結ばれ、そして離れ離れになる運命だったのだろうか。

自分の気持ちを我慢して我慢してやっと素直になれたかと思ったらこれだもんな〜。陽菜ちゃん本当にかわいそう。歯止めが効かず場所を考えれなくなったのは自業自得だけどやっぱりかわいそう。

夏生に残した手紙のシーンで「ごめんなさい」と「ありがとう」が混じった文を陽菜の泣きそうな声で読み上げる演出は本当に切なかった。終始日笠さんの陽菜の演技すごく良かったと思います。

「ごめんね、愛してる。愛してる。」

引用元:ドメスティックな彼女

夏生アホな男だったけどかわいそうになるシーンでした。タクシーの中で涙する陽菜も切ないなぁ。不自由な愛に振り回されてしまった2人の心境は再起不能レベルですよ。

陽菜が手紙に書いてた通り、本当の事を言えば夏生が高校中退するとか言い出すのが目に浮かびます。陽菜は辛かったでしょうが最後の対応は大人として正しかったでしょうね。

陽菜が屋上に居た時、来たのが桐谷じゃなくて夏生だったらまた違う話になっていたのだろうか。誰か来た事に気付き、一瞬嬉しそうな顔する陽菜が切なかった。夏生の為を思って自分から離れたけど、夏生に追い掛けて来て欲しかったはずです。

引用元:ドメスティックな彼女

夏生の周りいい奴しかいねぇ。

ドメカノ12話では陽菜が夏生から離れ、違う学校に異動になってからはEDまで空気になっていました。その間、傷心の夏生とその周りの人達の話もアツかった。

親友の文哉もインキャオタクっぽい雰囲気を出しながら夏生に元気出させるために来てくれる最高の親友だし、小林さんも銭湯連れってくれて人生の話を聞かせていましたね。お父さんの話と「時間は戻せないし無かった事にはできない」て言葉は人生の重みが違う。

引用元:ドメスティックな彼女

陽菜がいなくなって抜け殻になった夏生を見て、結局お父さんと都樹子さんにもバレちゃったんですね。自分達の連れ子同士が知らず知らずのうちに男と女の関係になってたなんて親としてどんな気持ちなんだろう。特に娘が居なくなった都樹子さんはツラすぎんか。でも夏生の事を心配してくれる両親優しすぎる。こんな良いお父さんを悲しませるなよ夏生!

瑠衣と文芸部メンバーも夏生に気を遣ってくれてたり、桐谷先生も夏生と陽菜の関係を知りながらちゃんと秘密にしてくれてるし、夏生の小説の才能を後押ししてくれる存在になって来ました。前向きになって小説を書く夏生の周りに文字が溢れる演出すごくよかった。

引用元:ドメスティックな彼女

陽菜も応援している夏生の夢が最終回で一気に近づいて来ましたね。悲しみと苦しみを経験した夏生はこれから先どうなるんだろうか。続きは原作買えって事でしょうね。気になる!

ドメスティックな彼女総評。禁断の愛に燃えた!

12話の最終回を迎えてしまったドメスティックな彼女。いや〜、めちゃくちゃ面白かったです!姉妹で家族になった男を奪い合うってすごい燃えますね。瑠衣と陽菜の関係もギクシャクしまくる事は無く、仲良し姉妹のまま夏生を想い合うってのが独特でした。

ドメカノ12話の最後でカツラ被って陽菜そっくりになった瑠衣を抱きしめるシーンからの瑠衣のキス、「もう陽菜姉に遠慮しないから」って、あんな終わり方アリですか!!!

めっちゃくちゃ続き気になるー!

引用元:ドメスティックな彼女

展開が早く、キャラの個性も良い

アニメドメカノを1話から最終回まで観て、やはり展開が早いのが観やすくて良いですね。1話から瑠衣とヤって陽菜達と家族になって〜みたいなポンポン話が進むのが、飽きなくて面白かったです。

先週の感想記事で書きましたが、個人的に11話はちょっと駆け足過ぎたと思いますが、濃密なストーリーを1クールに収める為に仕方ない展開だったと思いました。それでも総合的に見て素晴らしいテンポで進んでいたと思います。

ももや美雨など他の女の子も良い感じで絡んで来ててそれぞれのキャラが立っていました。美雨ちゃんとアルが存在感を出しきれていなかったのでここも原作読めって事でしょうね。

桐谷が嫌な奴かと思いきや、夏生の将来を大きく左右させるような重要人物っぽいですね。萩原はもう出てこなくていいけど、桐谷は良いキャラしてる。小林さん同様、人生の経験値が高そうで魅力的な人物でした。

2期へのフラグビンビン?

最終回を迎えたドメスティックな彼女ですが、EDの感じとか2期への可能性を感じさせる終わり方でしたよね。陽菜ちゃんショートカットになったのか。顔が見たいぞ。

ショートカットになってビールの描写があると「言の葉の庭」の雪野 百香里っぽい雰囲気になったと感じたのは私だけではないはず。言の葉の庭も教師と生徒の恋愛ストーリーだし、ちょっと重なる点がありました。

引用元:ドメスティックな彼女

意味深なEDの演出とか夏生の小説家としての前進など、2期に期待してしまう展開が多かった最終回。私は原作未読勢だったのですが、アニメを見て原作を買おうと思いました。2期の有無は分かりませんが続きが気になって仕方ない。

陽菜ちゃんはどうなってしまうんだ。瑠衣もバチバチに夏生狙って来てるし陽菜と離れた夏生は瑠衣に心変わりしちゃうのかな。なんて妄想が膨らみます。これは原作買って読むしかない!

OPの美波「カワキヲアメク」、EDの瀧川ありさ「わがまま」もアニメのストーリー、雰囲気にすごく合っていて良かったと思います。

ドメスティックな彼女はAmazonプライムビデオやU-NEXTで配信されているので見逃した回があったり、これから観るよ〜って方は無料期間も活用してみてはいかがでしょう。

全てにおいて最高に楽しめたアニメでした!2期を期待しつつ、毎話感想記事を読んで下さった方、ありがとうございました!

制作、キャストの皆さんお疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました