仮想通貨NEOの特徴やチャート、取引所は?

仮想通貨NEOの特徴やチャート、取引所は?

仮想通貨NEOとは

今回は仮想通貨のNEOについて解説します。以前からよく名前を聞く通貨でしたし私自身気になっていたのでこれを期にNEOについて一緒に学べればと思います!

概要

通貨名 NEO(ネオ、ニオ)
通貨単位 NEO
公開日 2016年10月
発行上限枚数 約1億NEO
取引所 Binance

NEOは以前はAntShares(アントシェアーズ)という名前の仮想通貨でした。その後2017年6月にNEOに名前を変えています。

私の世代だと“大集合NEO”というSNSの先駆けサイトを思い出します。どうでもいい話ですね(笑)

スポンサーリンク

中国版イーサリアム

NEOは中国版イーサリアムと呼ばれています。中国から誕生した初めてのパブリックブロックチェーンの仮想通貨で、イーサリアム同様にスマートコントラストの機能が備わっています。

スマートコントラストとは自動的に契約の記録がブロックチェーン上に記録されるシステムで従来の書面で行われる契約方法から一気にスマートな契約の方式へ変わる事が期待されています。

実際にイーサリアムは海外の不動産売買などに向けた実用化が進んでいるようです。書面契約に比べ手間も安全性も格段に上がるという事でイーサリアムの武器と言える性能です。

イーサリアムとの違い

NEOとイーサリアムの違いに開発言語の違いがあります。イーサリアムは専用の開発言語が存在していてまずそれを習得しなければ開発出来ません。その点NEOは多くの言語に対応している為、将来的にはイーサリアムよりも多くの開発者によってアプリケーションなどの開発が進められるのではないかとされています。

確かにこれから仮想通貨技術を使ったアプリ等の開発を進めようとしている企業がまず言語の取得から始めなければならないイーサリアムを使うか、今いる人材が使える言語ですぐに開発に取り掛かる事ができるNEOを使うかとなったら費用的にも時間的にもNEOを選ぶ確率が高そうに思えます。

これは実際使う側の立場にならなければ何とも言えないですけどね。安心感があるのはイーサリアムですし。

NEOとGASの違い

NEOはプロジェクトの名称であり、その中で使われる仮想通貨にNEOとGAS(ガス)があります。このGASというものはNEOを使うにあたり必要になってくる手数料のようなものでNEOを所有し、NEON Walletというウォレットに保管しておく事で所有NEO分に応じて配られるトークンです。GASも1億枚という上限が定められています。

NEOのチャート、価格推移

2016年に公開されたNEOですが2018年4月18日現在の価格は日本円で約7000円です。2017年9月の中国ICO規制で大きく下がりましたがその後12月1月のアルトコインバブルで高騰、約12000円ほどまで価格が上昇していたようです。その後現在の価格へ落ち着いています。

スポンサーリンク

NEOの今後、将来性

仮想通貨のNEOですがその将来性には期待している人も多いようです。その理由の一つに中国の大企業、アリババとの提携があります。

中国は自国の企業同士で手を繋ぎ成長していく傾向があるらしくNEOとアリババが手を組むのもその傾向からなのかもしれません。

さらには皆んな知ってるMicro softとの提携も決まり次々と大企業がNEOに注目しています。アリババは中国版Amazonなんて呼ばれているようですし、それ程大きな市場がNEOを活用し始めたら必然的に価格は上昇すると思われます。

懸念点

マイクロソフトやアリババといった大企業との提携という明るい話題が多いですがやはり気をつけたいのが中国の仮想通貨規制。仮想通貨に対して風当たりの強い中国ですので今後の国の政策次第ではNEOも少し怖いところではあります。

ただブロックチェーン技術には前向きな国という話も聞くので今後どのような動きを見せるのか注目です。

スポンサーリンク

NEOの購入方法、取引所

NEOはBinanceで購入可能です。バイナンスは国外取引所で日本円で直接購入する事は出来ないのでまずは国内取引所で口座開設、送金の為の仮想通貨を購入してバイナンスに送る必要があります。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などバイナンスで扱っている仮想通貨であれば大丈夫ですが個人的には送金速度が速く手数料も格安なリップル(XRP)がオススメです!

私は現段階ではNEOを静観していますが今後の中国の動きなどを見ながらチャンスがあれば購入mの検討したいと思っています。