仮想通貨Monero(モネロ)の特徴、価格や取引所を紹介

仮想通貨Monero(モネロ)の特徴、価格や取引所を紹介

匿名通貨Moneroとは

最近よく耳にする匿名通貨というワード。私は匿名通貨を保有していなかったのですが調べている内に少し気になり始めたのでここで少しまとめて行きます!今回は匿名通貨で有名なMoneroについて解説します。

スポンサーリンク

Moneroの概要

通貨名 Monero(モネロ)
通貨単位 XMR
公開日 2014年4月18日
発行枚数 1840万XMR(上限なし)
国内取引所 coincheck
国外取引所 poloniex、kraken

匿名性の高さが注目されているMoneroはCryptoNightというアルゴリズムの中で、リング署名の技術を用いる事でその匿名性を高めています。

リング署名

匿名性が高い事は分かりましたがそもそもリング署名って何だよ!って感じですよね。リング署名は複数人のグループを形成しそこでまとめて署名することによって個人が特定されにくくなるという技術です。

ビットコインなどの仮想通貨は個人間のアドレスで取引を行う為、第三者からもブロックチェーン上で見られてしまいます。それがMoneroを始めとする匿名通貨では第三者に見られる可能性が少なくなります。

そこにワンタイムアドレスという一時的なアドレスを用いる事で更にその匿名の性能を上げています。

送金速度が速い

Moneroの人気は匿名性の他にも送金速度の速さがあります。ビットコインは送金を処理するのに約10分程の時間を要しますがモネロの場合は2分で処理できるそうです。仮想通貨は送金速度も重要視されているので2分という処理速度の速さは強い武器になっていると言えるのではないでしょうか。

マイニングしやすい

モネロはビットコインのようなハイスペックPCでのマイニングではなく家庭用のPCでもマイニングできるというメリットがあるそうです。ビットコインをマイニングするとなるとPC代と電気代がすごい事になると言われていますし、やはり手が出しづらいですよね・・・。

その点個人で自分のパソコンでマイニングできるならマイニング初心者でもとっつきやすそうです。私もマイニングの事はよく分からないので今度しっかり調べて記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

Moneroの価格

匿名性の高さと送金速度の速さがウリのモネロですが価格の推移はどのようになっているのでしょうか。

Moneroは2018年4月13日現在は17000円台です。2017年12月下旬〜2018年の年始までのアルトコインバブルでMoneroも50000円を超えていました。2017年の7月頃は5000円を下回っていた価格から考えるとその頃からでも10倍は高騰しました。

2018年1月の暴落で他の仮想通貨と一緒にかなり価格は下落してしまいました。しかし発行枚数や時価総額で上位にいる事を考えると今後の価格も高騰に期待してしまいます。

個人的には買う予定はありませんが。

スポンサーリンク

購入できる取引所

Moneroは国内取引所ではcoincheckで購入可能でしたが現在はNEM流出事件の影響で購入ができなくなっています。マネックスがコインチェックを立て直してくれる事を信じて待っています!

国外取引所ではpoloniex、krakenで購入可能です。国外取引所は口座開設後に日本の取引所からビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送金する必要があります。

国内取引所はビットフライヤーやZaifなど金融庁の登録を済ませている取引所を選ぶのが賢明かと思います。取引所の口座開設は無料なので使う使わないに問わず複数の取引所で口座開設する事をオススメします。

・ビットフライヤー

・Zaif

まとめ

Moneroの特徴として高い匿名性と送金速度の速さ、マイニングのし易さがありましたが一方で匿名である事が犯罪組織に使われるのではないかという懸念の声もあります。ビットコインなどの第三者にも見られる透明性よりは個人を特定されない匿名通貨の方が犯罪に使われる可能性は高いでしょう。

匿名性の高さは利便さもありますが犯罪に使われるリスクも考えなければなりません。仮想通貨への投資はあくまでも自己責任で余剰金で行いましょう。しっかりとした下調べと高値掴みしない事を注意して行いたいですね!