5月上げは無しか。仮想通貨相場再び下落へ

5月上げは無しか。仮想通貨相場再び下落へ

5月下旬に突入、相場は回復せず

仮想通貨を所持している人、興味を持っている人にとってとても大きな動きがあると見ていた人も多いであろう2018年5月。5月もあっという間に下旬になりましたが4月中旬から回復の兆しが見えて居たのも束の間、GW辺りから再び下落傾向へ。

2017年のGWがかなり景気が良かった事も相まって多くの人が価格の上昇に期待していたようですが、相場は大衆心理の逆を突いてきますね。上がるのを期待している人が多い程相場は逆に動きやすいと感じます。下げもまた然り。



スポンサーリンク

BTCに関しては5月上旬は順調に上がり1100000円台に届きそうでしたが5月23日現在では870000円台になって居ます。

5月23日はBTC以外の主要通貨も軒並み下落しておりBTCは850000付近で踏み止まっている状態です。ここで下に行くようなら70万円台60万円台も見えてくるのではないかと見ています。

ここ最近はヨコヨコから下げの相場が続いておりショートが美味しい相場になって居ますね。

5月の仮想通貨のイベントといえばBCHのハードフォーク。ここでの上昇を期待して居た人も多かったようですがこちらも予想に反して大幅な動きは無し。

そして5月14日から行われたコンセンサス上げも期待して居た人がいたようですがこちらも不発。5月上旬の高値から下落トレンドになったかのような相場が続いています。



スポンサーリンク

以前記事にも書いたWebBotは2018年5月はBCHの暴騰などの予想も出していましたが23日現在では完全に外れています。マウントゴックスのBTC売却も下落開始のサインになっていますね。

ショートの人はゴックス売りを合図にしているはずですので下がるのは当然ですね。そこに損切り、狼狽売りも乗っかり下がる形になっています。ある程度のラインで買い戻しが入るのでまた少し上げますがやはりゴックス売りを警戒している人が多いのでショート以外にはなかなか厳しい相場になっていますね。

しかしコインチェックの再開やSBIVCなど好材料も控えているのでショートもいつ焼かれるか分かりません。

局面的にそろそろ上げてもいい頃だと思うので5月下旬から夏にかけての回復に期待しています。