仮想通貨インサイダーの規制強化へ!市場の健全化が進む

仮想通貨インサイダーの規制強化へ!市場の健全化が進む

仮想通貨のインサイダー取引規制強化へ

仮想通貨の需要が進む為に欠かす事の出来ない法整備や各種規制。世界中で仮想通貨に対して色々と規制がされてきていますが、日本でも健全な市場へ向けて少しずつ動きを見せてきています。



スポンサーリンク

2018年6月18日に日経電子版から報じられた情報によるとインサイダー取引禁止案が自主規制団体で提出されたそうです。この自主規制団体は仮想通貨事業者協会やブロックチェーン協会によって組織されています。

インサイダー取引とは

そもそもインサイダー取引とはなんなのか。簡単に説明すると市場価格を動かすような情報を握っている内部者が自身の儲けになるよう個人的に売買したり、家族や知人など第三者に漏らす事を指しています。株式市場でこれは金融商品取引法で規制されています。

仮想通貨だと例えば新規銘柄上場予定となっている取引所内部の一部の人は何月何日に何の銘柄が上場するという事が分かっており、事前に安値で買う事で情報が公開され価格が高騰する前に仕込む事が容易です。そしてその情報を身内や知人に前もって知らせていたとしたらその人達よりも情報が遅い一般投資家は養分になりかねません。



スポンサーリンク

そんなインサイダー取引を規制しようと16社が加盟している仮想通貨事業者協会やブロックチェーン協会、金融庁と一緒に規制していこうという動きが進んでいるという事です。

仮想通貨にとってプラスになるか

株ではインサイダーは禁止されていて過去には逮捕者も出ていますが仮想通貨は今までインサイダーに対する規制は特にありませんでした。取引所のチャットやSNSなどを見ていてもたまにある怪しい価格の乱高下を見てそうだろうなと思っていた人もいたようです。

そんなインサイダー取引の規制がようやく始まる動きを見せたという事で健全な市場へ向けて前進したのかなと思います。



スポンサーリンク

最近では仮想通貨の価格操作なんかもよく話題になっている印象がありますがやはりまだまだ仮想通貨の不透明さが露呈してしまっていて新規の流入は難しくなっていると思います。

NEM流出のハッキングに至ったセキュリティー面、インサイダーや価格操作といった不安要素が少しずつ解消していけば今は敬遠している人も実用化と共に流れて来るのかなと思っています。今はだいぶ冷え込んでいる仮想通貨の相場ですが今の内にしっかり法や規制を整えて将来に繋がれば2018年仮想通貨元年の意味が繋がって来るのかなと思います。