コインチェックがNEM(XEM/ネム)の補償時期を発表

コインチェックがNEM(XEM/ネム)の補償時期を発表

コインチェックのNEM流出事件

2018年1月26日、日本の大手仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)から仮想通貨のNEM(XEM/ネム)が外部に不正に流出する事件が発生しました。流出したNEMは5億2300万XEMで当時のレートで日本円に換算すると580億円と発表されました。
昨今580億という想像もできないような大きな金額が絡むニュースなんて私自身聞いた事がありませんでした。世界中で関心が高まっている仮想通貨の世界において衝撃的な事件になりました。

流出NEMは日本円で返還

当時のレート換算で580億円という巨額の不正流出が発生したコインチェックですが、NEMの流出を受けてコインチェックが行った記者会見ではNEM保有者には88.549円×保有枚数で返還すると発表しました。この88.549というレートはNEM売買停止(2018年1月26日12時9分)から補償方針が発表(2018年1月27日23時)までの加重平均価格で決定した価格です。
1月26日12時頃のコインチェックでのNEMの価格は1XEM/100円代前半をウロウロしていたので補償価格は10円以上も安い値段という事になります。NEMの流出を受け価格が大きく下がった事でNEM保有者は88円で強制利確という事になります。さらにセキュリティーの問題でNEM以外の仮想通貨も取引を中止しました。この対応に納得できずコインチェックのチャットやSNSではコインチェックへ対する不満の声が多く見られていました。

NEM補償は2018年3月の3週目から

NEMの補償は発表されたものの返金時期などの明確な時期は発表されないまま1ヶ月が過ぎ、2018年3月8日にコインチェックが再び会見を開き、NEM流出の経緯とNEMの返金を3月の第3週を目処に開始する事を発表しました。

コインチェックの大塚取締役と和田社長はNEM流出の経緯を説明し、これまで「目処が立ち次第」として明言を避けてきたNEMの補償時期とNEM以外のアルトコインの取引再開を2018年3月12日の週からを目処と発表しました。
コインチェックに仮想通貨を預けたままの顧客にとっては待ちわびていた発表となりました。時期がちょうど確定申告と重なっていた事もあり2017年分の税金を払えずにいた方もいらっしゃると思います。しかし3月15日までの申告と納税にはギリギリ間に合うか間に合わないかといったところでしょう。88円で返還されるNEMも課税対象と国税庁が発表している為、来年の確定申告にも影響が出そうです。利益が出た方は税金の事も考慮した資産運用が必要になります。

コインチェックの今後は?

コールドウォレットで保管するべき仮想通貨をホットウォレットで管理するなど杜撰な管理体制が発覚したコインチェックに対して、経営が困難になり「破産するのではないか」という憶測も広がりました。コインチェックの保有資産でNEMの補償を行い、今後も経営を続ける方針という事で破産という最悪のシナリオは回避でき顧客も安心していると思います。セキュリティーが最重要な仮想通貨において過去最大の流出事件という亊でNEMはアルトコインの取引が全て再開し終えた後、コインチェックユーザーがどのような動きをするのか慎重に見ていきたいです。
流出事件を受け、コインチェックでの取引を辞める人もいれば一度大きな失敗をしたから今後の運営には力を入れていくと考えて使い続ける人も多いのではないでしょうか。どちらにしても自分の資産を守れるのは自分だけなのでハードウェアウォレットへ仮想通貨を移すなど自分でできるセキュリティー対策は必要になってきます。
無事にコインチェックが復活して仮想通貨業界が更に盛り上がる事に期待しています。