前期の営業利益537億円!マネックスがコインチェックの爆益を発表

前期の営業利益537億円!マネックスがコインチェックの爆益を発表

コインチェックの利益がすごすぎる

日本の仮想通貨ブームを牽引してきたコインチェック株式会社ですが、やはりものすごい利益を生んでいた事が分かりました。コインチェックを買収したマネックスが3月期の業績を発表し、そこで分かったコインチェックの前期の売上高が537億円にも上るという事でした!すごすぎる・・・。

誰かがゴールドラッシュで1番儲けた人は掘った人ではなくスコップなどの採掘道具を売る人だったという例え方をしていましたが仮想通貨でも取引所が1番儲けているという事は間違いないでしょう。

スポンサーリンク

コインチェックの業績

4月26日にマネックスグループが発表したコインチェックの3月期業績(見込み)はこのようになっています。

2018年3月期
売上高 626億円
営業利益 537億円
税引前利益 63億円(特別損失473億円)

凄まじい利益を生み出していた事が分かりますね!473億円の特別損失は流出したNEMの保証に当てた金額になります。

流出した当初は自己資産で保証するなんて無理があるだろなんて思っていた人も多いと思いますがこの売り上げを見れば可能であった事がはっきりと分かります。ツイッターでは一時的にトレンドに入る程、コインチェックの営業利益に驚いた人は多かったようです。

ちなみにNEMの流出事件以降でも5億円の営業利益を出しています。BTC以外の全ての仮想通貨の取り扱いを停止していてもこの売り上げなのでビットコインだけでもどれほど儲かっているのかが分かります。

スポンサーリンク

手数料でウハウハ

コインチェックがこれほど業績を伸ばす事が出来たのはやはり2017年の仮想通貨バブルが大きく影響しているでしょう。特にコインチェックはアルトコインの取り扱いが多く、板取引ではなく簡単売買で直接仮想通貨をコインチェックから売ったり買ったりできます。その際発生するスプレッドが大きな利益源になっていたようです。

スプレッドとは例えば1BTCが100万円だった時、買うと105万円売ると95万円だったりとチャートに出ている価格と差があります。この差額が取引所、販売所の利益となる訳です。単純に買った価格よりも高く売れば儲ける事ができる仮想通貨ですがこのスプレッドによって少額の変動では利益が出ないようになっています。

買ってすぐ売るような事をしてしまうとスプレッドだけでどんどん資産が減っていくので簡単売買で買うならしっかりと考えて買わなければいけませんね。

ちなみにこのスプレッドの幅は取引所ごとに違い、さらに価格の変動が大きい時は幅が大きくなります。

スポンサーリンク

営業再開でどうなるか

取引所が儲かっているという事は分かっていても想像よりもかなり大きな利益が出ていて驚きました。2018年になって2017年年末の勢いは無くなってしまいましたがマネックスの子会社となり営業が再開されればまた相場が復活して新規参入者が増えて来るかもしれません。

そうなれば取引所がまた儲かる仕組みになって来るでしょう。ただコインチェックは目前の金融庁の登録を済ませる必要があるのでまずはそこからですね。

今は仮想通貨交換業の登録がかなり厳しくなっているらしく、現在取引所として認可されている取引所はまさに先行者利益の恩恵を受けているといえます。仮想通貨もそうですがやはり世間の注目が集まる前に着手するその行動力に感心させられます。

和田社長は20代にして凄すぎると思いました。今後はセキュリティー対策を完璧にして日本を仮想通貨の先進国として引っ張って行ってくれる事を期待しています。