Coinbaseが日本進出か!三菱UFJと国内仮想通貨交換業の認可取得へ!

Coinbaseが日本進出か!三菱UFJと国内仮想通貨交換業の認可取得へ!

Coinbaseが日本進出へ発進

今続々と大手企業が仮想通貨交換業へ進出してきていますが日本のマーケットを狙っているのは国内だけではなくもちろん海外もそうです。日本国内でも日々高まる仮想通貨への関心は今後多くの資金が流入する事は間違いないでしょう。

そんな中、米国の大手仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)が日本進出を目指して動き出しているそうです。これは日経新聞が報じています。



スポンサーリンク

2018年内に金融庁からの認可を目指す

Coinbaseが日本進出するにあたり金融庁から仮想通貨交換業の認可を得る事が必須になります。先日HitBTCが日本居住者へのサービスをストップすると発表されたばかりで今後も金融庁は海外取引所へ日本人規制するように働きかける事は確実でしょう。

そこで日本人の顧客を確保する為には金融庁からの認可を得て日本国内で正式にサービスを展開する必要があります。Coinbaseは2018年内を目標に金融庁へ申請をするようです。しかしすでに申請には行列ができており100社以上の申し出があるのだとか。

セキュリティ問題が問題視されている仮想通貨交換業で金融庁も慎重に審査しているはずなので認可されるのには結構な時間が掛かるかもしれません。



スポンサーリンク

三菱UFJと連携

Coinbaseは独自仮想通貨の発行へ向けて進んでいる三菱UFJと連携して仮想通貨交換業の認可取得へ動き始めているそうです。

三菱UFJは独自通貨を発行するにあたり米国大手の仮想通貨取引所と手を組める事は大きなメリットになるのではないでしょうか。

またCoinbase側も日本国内のメガバンクと手を組む事により銀行連携のマーケティングをする事ができます。SBIVCがまさに銀行直結の仮想通貨取引所で注目されていますがCoinbaseと三菱UFJが共同で国内参戦してくればSBIVCにとっては脅威になるのではないでしょうか。



スポンサーリンク

広がる国内仮想通貨の輪

大手企業や銀行、海外の取引所まで仮想通貨産業に目をつけている所を見るとやはり将来的に仮想通貨マーケットはさらに拡大して行くのでしょう。

今は落ち込んでいる仮想通貨ですが長い目で見ればまだまだ浸透しきっていない文化である事が分かります。

また国内だけではなく海外でも続々と新展開を見せている仮想通貨の今後がとても楽しみです。もしCoinbaseが無事に日本進出を果たせば更に注目度が高まる事は間違いないでしょう。

三菱UFJの独自通貨といい2019年もとても楽しみな1年になりそうです。