Binance(バイナンス)の緊急メンテナンスで下落か

Binance(バイナンス)の緊急メンテナンスで下落か

Binanceが緊急メンテナンス

多くの草コインを扱い現状日本人の締め出しも行われていない仮想通貨取引所Binance(バイナンス)で2018年7月4日に緊急メンテナンスが行われました。

Bainanceが緊急メンテナンスを行った背景としてハッキングの被害などの憶測がSNSで広まり市場では再び不安が売りを呼んだように見えます。

緊急メンテナンスに伴いメンテナンス中は取引と出金ができないとアナウンスされました。メンテナンスは無事に4日17時(日本時間)に終了し現在は取引、出金共に可能になっています。

バイナンスのメンテナンスに伴いハッキングの憶測が広まった理由の一つにバイナンス内の異常な取引が行われた事が挙げられます。



スポンサーリンク

Syscoinの異常取引

Syscoinのチャートを見ると上髭が伸びており明らかに不自然なチャートとなっています。これは以前も見られたハッキング被害の形によく似ていた事もあり今回も不安を呼びました。

今回もハッキングの被害にあったのではないかという声が不安を呼びましたが、バイナンスとSyscoinの運営両方からアナウンスが出され収束しました。

不安売りで相場は下落

最近また底値を探るような値動きを見せていた相場ですが数日前から反転したような動きを見せていました。しかしバイナンスの緊急メンテナンスのアナウンスが出るとやはりハッキングを警戒しての売りなのかやや下落が見られていました。



スポンサーリンク

最近は本当にこんなのばっかりでうんざりしちゃいますね。反転したかと思えばどこかの取引書がハッキングされて売りが加速したりで価格を上げたくない何らかの力を感じますよね(笑)

それでも今回のバイナンスの件に関してはハッキングという事実は確認されず「問題なし」という結果になったので取引再開もされ顧客の資金の安全も確認されています。

その結果メンテナンス前程の価格には戻っていますのでよかったなと思います。草コインはハードウェアウォレットが対応していなかったりで保管に気を使いますのでやはり取引所のセキュリティは万全にしてほしいですね。



スポンサーリンク

7月8月は仮想通貨の価格が上がると予想している人も多いようですが最近の相場は上がったところでネガティブニュースが出て叩き落とされるのが恒例化しているので購入は慎重に行いたいですね。