バンドリ2期3話感想。キラキラドキドキする側からさせる側に!

バンドリ2期3話感想。キラキラドキドキする側からさせる側に!

バンドリ2期3話「Sing Girl」

アニメ2期ではメイン5バンドに加えRAISE A SUILENメンバーがCVを務める六花やチュチュ達の出演も目立ってきているアニメバンドリ2nd Season。1月17日放送のバンドリ2期3話「Sing Girl」ではそんな六花の過去やチュチュとRoseliaの対立(?)シーンもありました。

アニメ1期では香澄がGlitter*Greenのライブを見てキラキラドキドキに目覚めていましたがPoppin’ Partyとして活動して行く内に周りでは様々な変化があったようです。

更に2話でちょっとだけ登場したチュチュが何やら友希那と揉めて・・・。

3話感想 ネタバレあり

バンドリ2期3話では六花の過去、現在に到るまでの流れが語られています。岐阜からバンドをやる為に住み込みで特待生になりながらこっちに来た六花。あだ名も生き方も「ロック」な六花はPoppin’ Partyに影響されていた。

ポピパは人に影響を与えるバンドになっていた

スペースのラストライブでポピパを見てキラキラした六花。香澄がグリグリのライブで感じた思いを今度は六花に伝える側になっている事が激アツ!六花が話している時にポピパメンバーの目がキラキラしている表現とても良かったと思います。

3話の「キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~」演奏シーンでは六花の回想シーンが流れギターを買うまでのお年玉を貯めたりする様子や住み込みで銭湯の仕事を手伝う姿が描かれていました。この回想シーンがまたなんともいい味を出してるんですよ。親に迷惑を掛けないようにと頑張る六花ちゃんいい子すぎて応援したくなっちゃう!

六花にとって多分初めてのギターだったのでしょうが、いきなりStrandbergはハイセンスすぎて草。個人的にヘッドレスギターはあまりカッコいいと思いませんが実写の小原さんに合わせた設定という事でしょう。値段的にも初めて買うギターとしては高額ですが竿隊ESP統一のポピパ、ロゼリアもいますしバンドリの世界はお金持ちだらけです。

六花がポピパにキラキラドキドキさせられた事を知って主催ライブへの意欲が再び戻ったメンバー達。やはりバンドリ2期はポピパ主催ライブがゴールになりそうな感じですね。2話でポピパに対してキツめの事を言った友希那ですがそれも友希那なりの優しさ。ポピパメンバーは言われて凹んでいたようですが六花のお陰で元気が出た感じがします。

友希那と揉めるチュチュ

バンドリ2期3話ではチュチュのセリフがありました。ロゼリアのライブに感銘を受けたチュチュは友希那にプロデュースしたいと申し出ますが友希那は拒否。

それに腹を立てて見返してやる的な事を言っておりこれがRAISE A SUILEN結成のきっかけになりそうな雰囲気を出していました。ゴミ箱に八つ当たりするけどすぐ片付けるチュチュ可愛いw

友希那にUSBメモリを渡していたようですがチュチュの曲を聞いてRoseliaも刺激を受けて高め合って行く的な展開ですかね?激アツ展開キター!だけど他の4バンドも絡めてあげて!w

4話予告「ゴーカ!ごーかい!?せかいのっびのびワールド!」ハロハピ回キター

バンドリ2期では全バンド満遍なく出番がある感じなのか第4話はハロハピ回になっているようです!

薫さん儚い・・・。かのちゃん先輩すこすこ。

2話3話だけだとハロハピ、アフロ、パスパレが空気になってしまいそうな感じもしましたがしっかり出番があるみたいで安心しました(笑)ハロハピはあくまでハロハピの世界でチュチュ達とはあんまり絡まない感じなのか、その辺も気になります。

バンドリ2期3話も楽しかったですね!来週の第4話も楽しみにしています!