LIFE

バイトが続かない人は理由がある!嫌でも続ける環境を整える方法

投稿日:

アルバイトは給料を貰いつつ学生でも貴重な社会経験を積ませてもらえる場所ですが、中には何のバイトをやっても続かないという人もいると思います。

その人の性格が大きな原因になっているのは前提としてありますが、バイトが続かないのはそれなりの理由もあると思うのです。根性があればどんなバイトも続くのでしょうが、ストレスを溜めない事も大事。

できれば自分に合ったバイトを見つける為に、続かない原因となっているであろうポイントは自ら認識しておき、自分を見つめなおす機会を設けましょう。

バイトが続かない原因

バイトは学生だったり、社会人になってからでも転職の繋ぎなどでやる機会があるかもしれません。

私も学生時代にバイト漬けの日々を過ごした事がありますが、個人的に思う「続かない理由」には以下のようなポイントが考えられます。

  • 人間関係
  • 給料面に不満
  • 仕事内容に不満
  • 移動がめんどくさい
  • 単純にダルい

最後の「ダルい」に関しては何も言う事はありませんが、他の要因に関してはそれぞれ対策方法もあるんじゃないかと思います。

人間関係→無理なら辞めてOK

人間関係はバイトだけではなく、将来的に就職した時も悩みの種になるかもしれない問題です。

人間関係に関しては求人票だけでは判断できず、実際に働き始めないと内部の事情は把握できないので運ゲーとも言えます。

これに関しては我慢できないレベルで「嫌な奴がいる」場合は早急に辞めちゃってもいいと私は思います。

ただ、辞める前に自分の態度も振り返ってみた方がいいかもしれません。もしかしたらあなたの態度や言葉遣いがその人を「嫌な奴」に変えている可能性もあるので、全て相手のせいにせず自分の事も客観的に見てみましょう。

バイトが続かない人は自分のせいで勤務先の人に嫌な思いをさせていないか思い出してみてください。

給料が安い

バイトを続ける上でモチベーションになるのが給料。能力だったり勤務年数によって時給や日給が変動する事も期待できますが、ここは求人を見た時の時給以上はあまり期待しない方がいいかもしれません。

例:時給1000円~

こんな感じで「1000円以上になるかもしれない」と最初から期待していると、なかなか時給を上げて貰えずモチベーションが下がってしまうので注意が必要です。

明確なノルマなどで昇給が決まっていない場合は、基本的に最初から最後までその時給と考えておき、過度な期待はしないようにしましょう。

だからと言って手を抜くのはNG。あなたの頑張りはみんな見てくれているはずです。

仕事内容に不満

やはりつまらない事を続けていくのは苦痛。バイトといえど継続の為には少しでも楽しいと感じれるバイトが良いですよね。

高校生や未成年の人は選べる職種に限りがあるでしょうが、そんな中でも自分に興味がある事に挑戦してみましょう。

その経験が将来の進学、就職先の参考になるかもしれません。

ちなみに私は過去に飲食系のバイトを2年ちょっとやりましたが、生涯を通して「飲食関係の仕事は二度とやらないだろう」と思っています(笑)

こういう風に自分に合う合わないを判断できるのもバイト経験の魅力。

バイトが続かない人は「何をやっても楽しくない」と感じるかもしれませんが、お金を稼ぐためには我慢も必要。色々なバイトを掛け持ちしながら様々な職種の経験を積むのもいいかと思います。

就職したら基本的にその先何年もその仕事を続けて行く事になります。アルバイトは忍耐力をつけるといった意味でもいい社会経験になるはずです。

移動がめんどくさい

バイト先が家や学校から遠いと当然続けていくのが大変になります。

逆に知り合いに会いたくないから遠くを選ぶ人もいるでしょうが、やはり長く続けたいなら出来るだけ楽に通えるバイト先を選ぶのが無難。

バイト中の仕事だけではなく、通うだけで疲れてしまっては心身ともに辛いと思うのでそこは慎重にバイト先を選びましょう。

バイトを続けやすい思考

私が考えるバイトが続かない理由は上で書いた通りですが、私も日々のバイトはめんどくさくて仕方ありませんでした。

でも一応在学中は続ける事に成功。バイトがめんどくさくて仕方ない時、日々考えていた私の思考を紹介します。

とにかく楽しみを作る

これは社会人になってからでもそうですが、未来に楽しみを作るとバイトや仕事にちょっと前向きになれます。

未来と言っても遠すぎては具現性が無いので、次の週あたりになにか予定を作ります。

  • 友達と遊ぶ
  • 欲しかった物を買う

貯金目当てでバイトする人もいるでしょうが、個人的には遊ばないと気が持たないので遊ぶか欲しい物を買うかして発散させていました。

いくら稼いでも使ってたら意味ないように感じるかもしれませんが、大人になってから感じるのが、バイト代を使ってそれなりに欲しい物は買えてたし、たくさん遊べたしで「貯金しとけばよかった」とはあまり思いません。

追い込む理由を作る

上の考え方には否定的な意見も多いはずです。なぜなら学費や生活費を自力で稼ぐためにバイトしている人は自分の為に自由に使えないから。

でもこれも一種のバイトを続ける理由になります。

必要なお金を稼ごうと思うと怠けてなんていられません。

バイトだるいな~。続かないな~。

なんて言ってられないはずです。

バイトが続かない人は家庭に余裕があり、別にバイトして稼がなくてもなんとかなる人だと思います。

バイトが続かないと悩んでいる人は今ご両親から受けている支援を一つ削ってみるのもいい手段かもしれません。

例えば携帯料金を自分で払うとかそういうのでもバイトを続けなくてはいけない理由になるのでいいのではないでしょうか。

この記事で書いた事はあくまで私の考えであり、やはりバイトを続けるにはその人の性格や忍耐力が大事です。もし今辛くても将来的になにか得る物があると信じて続けるも良し。

どうしても嫌なら違うバイト先を探すのも良しなので、少しでも自分の実になるバイトを探してみましょう。

-LIFE

Copyright© トレニスター , 2019 All Rights Reserved.