バイナンスに金融庁から警告!仮想通貨に大打撃?

バイナンスに金融庁から警告!仮想通貨に大打撃?

金融庁に目を付けられたバイナンス

日本で仮想通貨取引をしている人はみんな名前は知っているのではないかという程、認知度が高いBINANCE(バイナンス)。香港に拠点を構える世界最大級の仮想通貨取引所という事で実際に使用している方も多いと思います。

日本の取引所では買えない所謂草コインの取り扱いも多く、まさに一攫千金を狙う人にとっては夢が詰まった取引所です。しかしそんな大手取引所であるバイナンスの運営に暗雲が立ち込めています。

金融庁から警告を受ける

ユーザー、取引高共に世界最大規模のバイナンスですが金融庁から警告を受けました。

日本の仮想通貨販売所、取引所に金融庁から業務改善命令や業務停止命令が出たニュースが先日ありましたが遂にバイナンスも標的になってしまいました。

2018年3月22日に日本経済新聞がバイナンスに対して金融庁から警告が出されると報じました。その時にはまだバイナンス側に警告はされておらずバイナンスのCEOを務めるChangpeng Zhao氏が日経の報道を否定しました。しかし23日に金融庁から実際に警告文が出されました。

Changpeng Zhao氏は顧客の不安を煽らないように解決策を考えるというツイートをしています。バイナンスに出された警告は無登録で仮想通貨交換業をしていた事に夜ものでした。香港の会社に日本の金融庁が干渉して行くもの何だなと私は驚いたのですが日本人の顧客相手に経営しているのでよくよく考えたら当たり前でした。

金融庁は日本に所在地を置く仮想通貨交換業者に次々業務改善命令を出しており、それに続く形でバイナンスにも手が回ってきました。私も海外の取引所では唯一バイナンスを利用しています。CCの時のように最悪強制ガチホの事も覚悟しておいた方が良いかも知れないですね・・・。

バイナンス警告で仮想通貨暴落

 
22日に日経がバイナンスへの金融庁からの警告ニュースを報じた事で仮想通貨の相場が下落しました。暴落という程でもないかも知れませんがこの頃のネガティブニュースに拍車を掛けるような状態になってしまいました。

警戒売りがさらに売りを呼んでいる状態ですね。日本の金融庁は「日本人顧客の資産を守る為」に無登録業者に対して処置を行なっているようですが、結果的に相場が下がり資産半減の投資家ばかりですからかなりシュールな図になっていますよね(笑)

しかしある程度の規制は絶対に必要ですし法整備が進み健全に取引が出来るように推進する事は将来的にプラスになるはずです。2018年になり下降トレンドが続き気分も落ち込みますが何とかバイナンスには頑張ってもらって仮想通貨界隈を盛り上げて欲しいですね。

一応バイナンスに何かあってからでは遅いので資産を逃しておくもの賢明な判断かもしれません。私も一応逃しました。頑張れバイナンス!