嵐が2020年いっぱいで活動休止。休止理由、復帰時期は?

嵐が2020年いっぱいで活動休止。休止理由、復帰時期は?

嵐が2020年いっぱいで活動休止へ

2019年もまだ始まったばかりではありますがこれから先のテレビ、芸能業界に大きな影響を与える嵐の活動休止が発表されました。それぞれのメンバーが嵐と言うグループとしてだけではなく個々で多彩な才能を輝かせている事も周知の事実ですが、日本のトップ男性アイドルグループとして長年活動してきた嵐の活動休止というのは突然で衝撃が大きすぎるニュースになりました。

毎日のように何らかのテレビ番組で嵐のメンバーの姿を目にしますがやっぱり華があってメンバー間のやりとりも見ていて面白い。男の私から見てもとても魅力的なグループだと思います。

そんな嵐が突然の活動休止発表という事で世界中にショックが広まっています。

ファンサイトで発表

嵐の活動休止は2019年1月27日にファンサイト内で発表された情報という事ですでにたくさんの大手サイトも報道しています。活動休止報道がされると瞬く間にTwitterのトレンドは嵐一色になりました。

サイトのサーバーが落ちているという声もありましたしまさに混乱状態。まさに情報難民状態の人が多数いる現状になっています。これから先様々な憶測のニュースなども出てくると思いますが、とりあえずは活動休止理由や休止期間については大野智のコメントを参考に紹介します。

嵐の活動休止理由、期間は?

突然すぎる発表となった嵐の活動休止ですが気になるのが理由や活動再開の目処。ファンにとってはそればかりが今すぐに知りたい情報だと思いますがリーダー大野智のコメントを読む限りではすぐの復活は絶望的に感じさせるコメントになっています。

2019年1月現在、2020年12月の活動休止まで約1年11ヶ月はありますが刻々と迫る活動休止を待つのはツライですね。

嵐の活動休止について現段階では活動再開の見込み時期は不明。理由については以下で大野智のコメントでも紹介しますがメンバーが個々の道を歩くというのと「自由に過ごしたい」という理由だそうです。

大野智が2017年からメンバーに話していた

活動休止が発表された大野智のコメントはこの通りです。

僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました。突然の発表で驚かせてしまっていると思いますが、まず誰よりもいつも応援してくださっているファンの皆様に僕たちの決断をちゃんとお話しさせて頂きたいと思います。

 2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたいと嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと、また、勝手ではありますが一度、何事にも縛られず自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました。

 メンバー1人1人とも何度もあって話をしました。その後は5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止するという決断に至りました。メンバー個々の思いもあります、その思いを背負いながら2020年いっぱいまで走り抜きたいと思っております。

 急な発表ではありますが、今までずっと僕らのことを支え続けてくださったすべての関係者の皆様、そして何より僕たちをずっと応援し続けて下さったすべてのファンの皆様、本当に申し訳ありません。言葉では表せられないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました

 2020年までの残りの期間、今、自分にできる使命をきっちりと果たしていきたいと思っております。

大野智のコメントによると嵐の活動休止の話が出たのが1年半前の2017年6月からのらしいです。そして話を切り出したのはリーダー大野智。

現在38歳で2020年で40歳の年という事になりますし個人的にも大きな節目と考えていたのでしょうか。男性アイドルとして第一線を駆け抜けて来た5人はそれぞれ俳優業や大野智の絵の才能などアイドルの枠を飛び越えて活動の幅を広げていました。

嵐ほどの知名度と人気がある立場になれる人なんてまずいないので今の嵐のメンバーの心境は分かりませんが「自由に過ごしたい」というのは大人気アイドルのプライベートの無さを想像すれば気持ちを察する事はできますね。

これから先メンバーの結婚などもあると「自分の時間」というのは更に取れなくなるでしょうし、そういった意味も含めて40歳を目前にして「自由に過ごしたい」という気持ちになったのかなと想像しました。

2017年から嵐のメンバーで何度も話し合って決めたという事なので嵐が来年いっぱいで活動休止になってしまうというのは残念ですが、メンバーの皆さんが幸せに過ごせる期間になる事を願います。