ADA(エイダ/カルダノ)とは?2018年末に暴騰の噂も

ADA(エイダ/カルダノ)とは?2018年末に暴騰の噂も

ADA(エイダ)コインってどんな通貨?

2018年、熱いと言われている仮想通貨ADA(エイダ)コインをご存知でしょうか。仮想通貨取引所なんかでもそこでは買えないはずなのにADAという単語がよく目に付くような気がします。関心度が高く、今後暴騰の噂もあるADAについて調べてみました。

特性

ADAはCardano(カルダノ)というオンラインゲームはオンラインカジノのプラットフォーム上での通貨として誕生しました。そしてADAの開発者がイーサリアムの開発に携わった人物“チャールズ・ホスキンソン”という人物です。

イーサリアムの開発に携わった人物が生み出した通貨と考えるとそれだけで今後の可能性を感じます。ただ世間の期待だけで値段が上がってしまったコインは性能が伴っていなければ将来は衰退の一途を辿るでしょう。その点を考えるとイーサリアムのようにスマートコントラクトができるADAは性能面は期待できます。

今後、仮想通貨の実用性が増していくにつれて契約の記録がしっかりと残るスマートコントラクトはユーザーに重要視されるポイントになるのではないでしょうか。ADAは不動産の決済にも使用されるようになるという事なので海外送金のコストや時間の短縮もあり海外不動産への幅も広がっていくかもしれません。

発行枚数

ADAは450億ADAが上限となっておりその内市場に出るのが320ADAだそうです。2018年3月現在では国内でADAを取り扱っている取引所、販売所は無いので海外取引所に仮想通貨を送金して買う必要があります。

ADA(エイダ)コインの価格と今後

ADAは2017年のプレセール時は日本円で1ADA=約0.3円でした。その後最大で100円台に乗った事もあったので凄まじい伸びを見せました。2018年3月下旬には20円を割る程まで下落しています。

1月の暴騰からその後は仮想通貨全般が暴落を繰り返しかなり落ち込んできています。やはり重要なのはビットコインの回復だと思いますが仮想通貨のバブル崩壊と言われている現状からなんとか抜け出したいですね。

ネット上の情報によるとADAは2018年年末には30000円なんて書いてあるのも見ました。流石にそれは盛りすぎだろ(笑)なんて思いましたが、2017年年末の流れを思い出すとありえなくもない話かもしれません。

ADAは週刊新潮にも今後の期待される通貨として取り上げられる程に今後が楽しみと言われています。暴落で落ち込み気味の仮想通貨界ですが底でADAを買えれば年末にはウハウハなんて事もあるかもしれませんね。

投資は自己責任、余剰資金で行いましょう。