2017年の億り人は331人!これって少なすぎじゃない?

2017年の億り人は331人!これって少なすぎじゃない?

仮想通貨で1億円以上の収入を得た人は331人

平成29年度分の確定申告が終了して約2ヶ月半が経過し、とても興味深いデータが国税庁から発表されました。

それが2017年に仮想通貨で1億円以上の収入を得た人は日本国内で331人だったという事です。仮想通貨を保有している一般人の多くはこの億り人を目指していると思います。

2017年はビットコインを始め多くの通貨が大暴騰した年になりました。何十倍何百倍になった通貨もあり早い段階で仕込んでおいた人はとんでもない含み益になった人が多かったはずです。

1000万円から1億円にした人は「へ〜」くらいにしか思いませんが100万円以下の投資で1億円以上になった人も多いはずなので夢がある話ですよね。

331人って多い?少ない?

仮想通貨の知名度と人気を一気に爆発させた2017年は多くの億り人を誕生させました。億り人になって自慢しまくる人というのはあまりいないと思いますが金融庁が発表した331人という数は多いと思いますか?少ないと思いますか?

私は想像よりもかなり少ない数でした。そんなみんながみんな億り人になる事はありませんがもっと大勢いても不思議ではありませんでした。

ツイッター上でも「あんなに億り人自慢していた人たくさんいたのにどこ行ったw」や「みんな脱税してるの?」なんて声も聞かれていました。331人というデータは平成29年度分の確定申告から発表されたものなので1億円以上稼いでいても確定申告していなければカウントされません。

申告していない人が多いのかなとも思ったのですがこれまで散々仮想通貨の課税については各所で話題になっていたのでわざと申告しない人というのはさすがに勇者すぎる気がします。延滞料などを考えると払わない選択肢を私は選べません。

ガチホ組は億り人へ数えない

国税庁が発表した331人の億り人ですがこれは実際に1億円以上の利益が出た段階で利確した人の数でもあります。通貨として保有していて含み益が1億円超えていても利確していなければ課税対象にはならないのでずっと保有し続けるガチホは億り人にカウントされていません。

そう考えると年末年始の暴騰で「億り人になったよ」という人でも331人に入っていない可能性もあるので331人はちょうどそのくらいかな〜とも感じます。



スポンサーリンク

億り人から戻り人になった人多数?

ガチホは課税されないので億り人にならないという話ですが2018年年始の暴騰以来4月頃まで主要通貨は軒並み暴落を繰り返し2017年秋頃の水準まで価格を下げています。

そうなると年末年始で利確していなかった人は一時は億り人でも今ではすっかり戻り人になっている人も多そうです。相当前の安い値段から握っている人はいいですが10月11月頃に仮想通貨を買った人は「利確しておけばよかった」と後悔している人も多いでしょう。

よほど安いタイミングで仕込めなかった人はガチホし続けるのも良いですが利確タイミングを見極める事も重要ですね。

税制改正で更に億り人増加か

発表された331人の億り人ですがもし今の仮想通貨の税制でなかったらもっと増えていたでしょう。先程述べたガチホ組の話ですが今現在ガチホしていて利確するつもりが無い人は雑所得の累進課税に悩まされている人が多いと思います。

仮想通貨による所得は雑所得に含まれ所得税は累進課税で計算される為、儲ければ儲けるほど税率が引き上げられます。特に4000万円を超えると約半分が所得税として持って行かれる為1億円稼いでも実際手元に残るのは5000万円程となります。

更に住民税など他にも引かれる金額は多いので税金に泣かされる事になります。この税率が見直され今後一律20%などになれば利確者が増え億り人は倍増するのではないでしょうか。

今の税制から見直されるにも時間は掛かると思いますがその間にまた暴騰があれば今度はもっと利確者が増えるのではないかと私は思っています。



スポンサーリンク

仮想通貨の税調査は厳しいと思われる

331人という数に脱税者もいるのではという声もSNS上で見られていましたが仮想通貨の所得はかなり厳しくチェックされるはずなので誤魔化すのは危険すぎると思います。

一時1億円以上稼いでもそれをまた別の通貨に突っ込んで半減し税金を払えない人もいるかも知れませんのでそこは気を付けたいポイントですね。別の通貨で減らした所で1億円には課税されるので突っ込むにしても税金分を残して買った方がいいと思います。

故意に所得を隠すのは法に触れますし仮想通貨の所得は隠さずに申告しましょう。私も億り人になって贅沢な税の悩みをしてみたいものです(笑)