マネックスがコインチェックを買収か

マネックスがコインチェックを買収か

コインチェックはマネックスの傘下へ?

2017年から仮想通貨の市場は爆発的な成長を遂げていた中、発生したコインチェックのNEM流出事件。コインチェック利用者だけではなく仮想通貨業界全体に悪い空気をもたらしてしまった事件となりました。

金融庁から2度、業務改善命令が出されていたコインチェックですが2018年4月、インターネット証券会社のマネックスが買収の意向がある事が分かりました。買収額は数十億になるとみられ、株式の過半数を握る事でコインチェックを子会社化する方針で話が進んでいるようです。

これに伴いコインチェック側は和田社長、大塚取締役など経営陣が退任するとみられマネックス側で新たな経営陣で再建を目指していくものと思われます。

マネックスは仮想通貨業参入へのきっかけに

コインチェックを買収する事で傘下に取り入れる意向があるとされるマネックスは以前より仮想通貨業への参入を検討していたそうです。そこに起きたコインチェックの不祥事。マネックス側としてはコインチェックの仮想通貨交換業者としての技術を得る事もできる為、仮想通貨業界への参入がよりスムーズに行える事になるでしょう。

コインチェック側としても自ら再建するにしても失った信用と金額が大きすぎ、マネックスの買収の話はまさに助け舟になったのではないでしょうか。

コインチェックはNEM流出から2ヶ月以上経過した現在(2018年4月3日)も業務の全面再開には至っていません。ネムの補填や一部仮想通貨の送金は再開されているもののまだまだ課題は山積みと言えます。

マネックスの買収はまだ確定事項ではないという事ですが、買収され経営陣も刷新されればコインチェックの経営再開の大きなきっかけになるでしょう。

仮想通貨相場は回復へ?

2018年4月3日に報道されたマネックスのコインチェック買収の情報ですが、それをきっかけに国内取引所で扱われている仮想通貨は全体的に価格が上昇しました。

コインチェックの価格だとNEMは前日比20%を超えるなど大きく伸びました。まだ決定事項ではないので上昇は一時的なものとなっていますが、実際に買収されコインチェックの全面業務再開となればかなりの好材料になるでしょう。

2018年も価格の上昇が期待されていたビットコインなどの仮想通貨ですが年始の暴騰後に暴落。そしてNEM流出事件や各国規制などが重なり完全な下降トレンドでした。価格は2017年11月頃に逆戻りしたような状態で総悲観になっていましたが久々の明るい話題になりました。

一時は破産も噂されていたコインチェックですが今後の仮想通貨界の為にもマネックスと共同でなんとか態勢を立て直し、これからも頑張ってほしいと思いました。